【360度ビデオ】マグナス・ウォーカーと1973年型ポルシェ「911カレラ RS」が、名作短編映画『ランデブー』を再現
クルマ好きなら、おそらく『ランデブー』という伝説的な短編映画について耳にしたことがあるだろう。フランス映画の巨匠、クロード・ルルーシュが1976年に手掛けたこの作品は、ちょうど日が昇る時間に丘の上で女性と会うために、フェラーリで早朝のパリの街を爆走して行く映像が収められている。Autoblog米国版ではこの美しくスリリングな名作に敬意を表し、360度ビデオを制作することにした。



幸運なことに、ポルシェのエンスージアストで、"アーバン・アウトロー"として知られるマグナス・ウォーカー氏が我々に賛同し協力してくれたので、素晴らしいVR映像を撮ることができた。ウォーカー氏はポルシェの名車、1973年型「911カレラ RS」でパリの街を走り、あの短編映画と同じルートを辿る。こうして完成した動画では、PCやスマートフォン、VRヘッドセットで、ポルシェの車内から見たパリの景色を360度見渡して楽しむことができる。完全にゲリラ撮影したという映画と違ってウォーカー氏は常識的な速度に抑えているが、フェラーリのV12とはまた違った空冷水平対向6気筒の魅力的なサウンドも(やや控え目ながら)味わえるはずだ。

PCでは対応するブラウザが限られているが、スマートフォンで体験するならApp StoreGoogle Playから無料でダウンロードできるAutoblog VRの専用アプリを使用されることをお勧めしたい。スマートフォンと組み合わせてVR体験ができるCardboardビューアも試しみよう。



By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・【ビデオ】夜明け前のパリをアクセル全開で駆け巡る! あの名作がブルーレイで蘇る
・【ビデオ】名所・通りの名前はいくつ分かる? 最速のパリ周遊!? 感動のラストシーンも!