車台番号000001の日産Z33型「フェアレディZ」が、米国のディーラーで販売中 走行距離はわずか278km!
Related Gallery:2003 Nissan 350Z serial number 1

日産車の熱狂的なファンなら銀行口座を確認しておこう。というのも、歴史的な価値のある「350Z」(Z33型「フェアレディZ」)を手に入れられるチャンスだからだ。自動車情報サイト『Jalopnik』によると、米国テキサス州アーリントンにある日産ディーラーのドン・デイヴィス・ニッサンから、2003年型350Zが売りに出されているという。それがどうして「歴史的な価値」があるかというと、そのVINナンバー(車台番号)は"000001"、つまり最初に製造された350Zである可能性が極めて高いからだ。

2000年にZ32型「300ZX」の生産が終了した後、2年ぶりに復活した「Z」の量産1号車であるということは別にしても、この個体は走行距離も少なく、スポーツカーとして非常に美しい状態を保っている。オドメーターの数字はわずか173マイル(約278km)で、内装も汚れは一切見られない。まさに350Zエンスージアストが求める状態だが、「エンスージアスト」グレードのモデルではない。最上位グレードの「トラック」モデルなので、ブレンボ製ブレーキ、レイズ製18インチ軽量アロイホイール、ビスカスLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)、アルミペダル、リアスポイラーが装備されている。トランスミッションは6速マニュアルだ。

提示価格は4万8,500ドル(約535万円)。日産ディーラーに出向いて一切の値引き交渉もせず「NISMO 370Z」の新車を購入するよりも、2,000ドル(約22万円)ほど高い値段である。しかし、改めてこのクルマが貴重な個体である可能性や、新車に近い状態であることを考慮すると、法外な値付けとは言えないだろう(ちなみに新車時の正価は3万4,079ドルだった)。また、これはオークションではなく、普通に売りに出されていることから、米国に初めて導入されたVINナンバー01の「シビック TYPE R」や、新車同然の2006年型三菱「ランサーエボリューション IX MR」のように、価格が跳ね上がることもないはずだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2003 Nissan 350Z serial number 1


■関連記事 ・日産、今秋の東京モーターショーで新型「フェアレディZ」のコンセプト・モデルを発表か
・一つ売って350万円! 「フェアレディZ」を手に入れるために睾丸を売った男!!