キャデラック、「CTS-V」に特別なペイントを施した限定モデル「グレイシア メタリック エディション」を発表
Related Gallery:2018 Cadillac CTS-V Glacier Metallic Edition

キャデラックは、創立115周年を記念して「CTS-V」の特別限定モデル「グレイシア メタリック エディション」を発表した。どうやら同社は、"氷"や"寒さ"をテーマにした特別バージョンを作るのが好きなようで、このモデルは氷河を意味する「グレイシア」と名付けられている。この「グレイシア メタリック」と呼ばれる特別なペイントは我々の目には単なるホワイトに見えるが、キャデラックによればこれは"明るいグレイ"であるという。



この特別なボディ・カラーに加え、通常はオプションとなるカーボンファイバー・パッケージとラグジュアリー・パッケージが本モデルには含まれており、赤く塗られたブレンボ製ブレーキ・キャリパーも装備される。ポリッシュにシルバー・グレイの塗装を組み合わせた19インチ鍛造合金ホイールも、通常のカーボンファイバー・パッケージに装着されるブラックとは異なるカラーリングだ。その他の特徴としては、標準モデルのCTS-Vを購入した際と同様に、ラスベガスでのドライビング・レッスンも含まれるという。



インテリアには、レーシィなジェット・ブラックのレカロ製スポーツ・シートを装備。サンルーフやリア・カメラ・ミラー、そしてパフォーマンス・データ&ビデオ・レコーダーも標準装備される。

ドライブトレインは通常のCTS-Vと変わらない。最高出力640hp(649ps)と最大トルク87.2kgmを発生する6.2リッターV型8気筒スーパーチャージド直噴エンジンが、スポーツ仕様に調整された8速オートマチック・トランスミッションを介し後輪を駆動する。

ただし、この特別仕様のキャデラックは決して安くない。価格は10万3,885ドル(約1,140万円)だ。通常のCTS-Vに同様のオプションを付ければ、約6,000ドル(約66万円)も節約できる。性能はまったく同じであるというのにだ。違うのはやはり、"限定"という特別感だろう。キャデラックはこの特別カラーの限定モデルを115台生産する予定だ。だから、もしあなたが、控えめなカラーで可能な限り注目を浴びたい、ということであれば、このCTS-V グレイシア メタリック エディションは購入すべき「キャディ」である。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Cadillac CTS-V Glacier Metallic Edition


■関連記事
日本から自分好みの1台が注文できる! キャデラック、「CTS-V」のプレオーダー受付を開始
キャデラック、新型「ATS-V」と「CTS-V」にマットなパール・ホワイト塗装を施した特別限定車を発表!
640馬力で1,010万円から! 新型キャデラック「CTS-V」が米国で間もなく発売