ボルボ、カーボンファイバー製エアロパッケージを装着した「S60 & V60 ポールスター」の特別限定モデルを発売
Related Gallery:Volvo S60 and V60 Polestar Aero Package

ご存じのようにボルボのパフォーマンス・ブランドとしての「ポールスター」が間もなく終わりを迎える。ポールスターは、グループ内の独立したブランドになり、電動化に注力することになる。これは必ずしも悪いことではなく、ホンダ「NSX」ポルシェ「パナメーラ ターボ S E-ハイブリッド」が証明しているように、電気モーターはクルマの性能を低下させるものではなく、むしろ強化することができるのだ。"ボルボのポールスター"が幕を閉じるのに際し、同社は現行モデルの「S60 ポールスター」と「V60 ポールスター」に新たなカーボンファイバー・エアロパッケージを装着した特別限定モデルを発売すると発表した。



ポールスターによると、このパッケージではダウンフォースが標準モデルより30%増加するという。これらのエアロパーツはポールスターのレーシング・パートナー、ポールスター・シアン・レーシングと共に開発された。同チームは現在「S60 ポールスター TC1」でFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)のタイトルを争っている。カーボンファイバー製のパッケージは多くの自動車メーカーから発表されているが、ポールスターのそれはレースで培われた知識と機能性が特長だ。



限定1500台が生産されるこの特別仕様車には、カーボンファイバー製のフロントスプリッター、サイドスカート、リアスポイラーが装備される。そう聞くと物足りないかもしれないが、変更されたのは空力面だけではない。エアロパーツ以外では、グロスブラックのアクセントが入ったダイヤモンド切削ホイールや、カーボンファイバー製のサイドミラー・キャップ、新色のボディ・カラーなどが採用されている。また、ドアシルプレートには、1台ずつシリアルナンバーが入れられる。



その他の部分は、我々の愛するS60/V60ポールスターと変わらない。最高出力367ps、最大トルク47.9kgmを発揮する、ツインチャージャー付き2.0リッター直列4気筒エンジンを搭載し、そのパワーは8速ATから4輪全てに伝えられる。S60は0-100km/hをわずか4.4秒、V60は4.5秒で加速し、最高速度は155mph(約250km/h)。足回りはオーリンズ製の調整式ショックアブソーバーと6ピストン式のブレンボ製ブレーキにアップグレードされている。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Volvo S60 and V60 Polestar Aero Package


■関連記事
・【試乗記】ボルボ V60 & S60 ポールスター、心優しき格闘家はコイツに乗るベシ!:小沢コージ
・【試乗記】「VOLVO POLESTAR」ボルボの思想は質実剛健を地でいく奥ゆかしさにある:木下隆之
・ボルボ、改良された高性能モデル「S60 ポールスター」と「V60 ポールスター」を発表