トヨタが新たな「スポーツカー・シリーズ」を9月に日本で発表!?
トヨタが9月に日本で開催されるイベントにおいて、新たな「スポーツカー・シリーズ」を発表すると、自動車業界メディア『Automotive News』が伝えている

これはレクサスの「F」シリーズ(あるいはBMWの「M」など)に相当するもののトヨタ版になると思われるが、現在のところ詳細は不明だ。これが発表されるイベントについても、トヨタの広報はコメントを控えたという。また、このスポーツカー・シリーズが日本以外の地域でも展開されるのかということも分からない。

スープラ」の復活が注目を浴びている中で、いくつかの高性能モデルが日本市場のみに限定されるのであれば残念なことだ。トヨタは「カムリ」や「RAV4」のように安全で信頼はできるが退屈なクルマという殻を破り、イメージの向上拡大に取り組んでいる。そして実際、新型カムリはその狙いどおりの方向性に仕上がっている。

トヨタは、今年のジュネーブ・モーターショーで、同社のル・マン参戦を支えるGazoo Racingが手掛けた「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」の高性能バージョン「ヤリス GRMN」を公開した。これは、いわばトヨタ版のフォード「フィエスタ ST」だ。これを見れば、トヨタの新たなパフォーマンス部門の生み出すクルマがどんなものになるか、そのヒントが得られるかもしれない。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー