F1世界選手権のオンライン・ゲーム版、開催決定! 最終戦アブダビGPで初代チャンピオンが誕生
Related Gallery:F1 eSport

モータースポーツの最高峰 フォーミュラ1 が、eSportへの参入を発表しました。公式ゲーム「F1 2017」を開発するCodemastersとeSports大会を運営するGfinityがフォーミュラ1に協力し、初シーズンがこの9月から11月にかけて開催されます。

参加するには近日発売のプレイステーション4、Xbox OneおよびWindows版の『F1 2017』が必要。ゲーム内のライセンス認定システムで9月中に予選イベントを実施し、世界ランキング上位40人までのバーチャルF1ドライバーが、10月10日および11日にロンドンのGfinityアリーナで開催されるセミファイナルイベントへの参加資格を得ることができます。

そして、セミファイナル上位20人の精鋭が11月24~25日に、2017年F1世界選手権の最終戦となるアブダビGP開催中のヤス・マリーナで行われる決勝イベントに招待、F1の最終戦と同日に、初のF1 eSportsチャンピオンも誕生するという段取りになっています。

初代F1 eSportsチャンピオンになれば、来年発売となる『F1 2018』ゲーム内にもF1 eSportsチャンピオン・エキスパートとして登場することになるほか、自動的に2018年度のF1 eSports セミファイナルへの参加権が得られます。さらに2018年のF1世界選手権のうち1戦にゲストとして招かれます。



これまでモータースポーツとゲーム/eSportsの関わりとしては『グランツーリスモ』と日産自動車の協力によって数年に渡り開催されたGTアカデミーや、フォーミュラEが導入した参戦ドライバーと一般ゲーマーの交流戦などがありました。特にグランツーリスモは10月に発売予定の『グランツーリスモSPORT』でFIA選手権の開催をアナウンス済みです。

さらに人気レースゲーム『Forza』シリーズではThe Xbox Forza racing championshipが3シーズン目に突入、2輪でもMoto GPがeSportシリーズを開始しています。

いずれにせよ、海外でのeSports人気はかなり高まっており、リサーチ会社Newzooの調査では2020年までにその市場規模は15億ドル(約1,633億円)に達するとされます。近年、人気の低下に加えてテレビ観戦者層の高齢化が囁かれるF1、ひいてはモータースポーツ全体にとって、eSportsとのコラボレーションは若い世代にその魅力を伝えるための重要な"成長戦略"と言えそうです。


By Munenori Taniguchi

※こちらの記事はEngadgetより許可を得て掲載したものです。