【フォト&ビデオ】BMW、600馬力の新型「M5」を発表! 後輪駆動に切り替え可能な4輪駆動システムを初採用
Related Gallery:2018 BMW M5

BMWがついに新型「M5」を発表した。その外観は予想通り、現行型「5シリーズ」のフロント・バンパー開口部を拡大し、リアに4本出しのエキゾースト・テールパイプと巨大なディフューザーを取り付けたようなルックスだ。そしてフェンダーにはトレードマークのエアベントが備わる。インテリアは標準の5シリーズとそれほど違いはないが、ヒーター内蔵スポーツ・シートには光を反射するM5のロゴが施され、ステアリングに装備された2つの鮮やかな赤いMボタンは、それぞれカスタマイズしたドライビング・モードを設定できる。



重要な部分はさり気ない変更が施されたボディの下にある。この逞しい"ビーマー"には、先代と同じく4.4リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンが搭載されているが、最高出力は560psから600psに引き上げられ、最大トルクも69.3kgmから76.5kgmに増強された。特に最大トルクの発生回転域が1,800~5,700rpmと幅広いのが特徴だ。



エンジンは先代の改良版と見なすことができるかもしれない。だが、このパワーが8速「M ステップトロニック」ATを介して4輪すべてを駆動するのは、歴代M5で初めてだ。この「M xDrive」と呼ばれる新しい4輪駆動システムはユニークで、3通りのモードから完全な後輪駆動を選ぶこともできる。また、トラクションとコントロール性に優れる4輪駆動時には、デフォルトでスタビリティ・コントロールの介入が控え目に設定されており、コーナーでわずかな後輪のスライドを許容するという。もちろん、完全にオフにすることも可能だ。

発進加速では4輪駆動によってパワーをいかんなく発揮することができるため、0-100km/hまで3.4秒と、先代より0.9秒も短縮された。最高速度は250km/hでリミッターが作動するが、「M ドライバーズ・パッケージ」を装備すると制限が解かれ、305km/hに達するという。



BMWが重視したのはエンジンのパワーだけではない。5シリーズの前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンク式のサスペンションも当然ながら強化され、より剛性が高いアンチ・ロール・バーと多数のシャシー・ブレーシングが加えられている。BMWによればそのチューニングは、日常的な使用で求められる最大限のトラクションと、サーキットにおける最高のドライビング・パフォーマンスの両方を追求したという。さらにドライバーは、状況に合わせて可変ダンパーの設定をコンフォート、スポーツ、スポーツ+の3種類に切り替えることも可能だ。トレッドも先代より拡げられ、標準で19インチ・ホイールに前275/40R19、後285/40R19サイズのタイヤを装着。オプションで20インチ・ホイールと前275/35R20、後285/35R20サイズのタイヤも用意される。



制動力に関しては、新型M5はフロントに15.5インチのスティール製ローターと6ピストンの固定キャリパー、リアに15インチのローターとシングル・ピストンのフローティング・キャリパーを装備。フロントのローターは標準モデルよりも0.25インチほど大径だが、キャリパーは変わらない。オプションのカーボン・セラミック・ディスクも選べば、ばね下重量を23kg軽量化できる。

BMWは他にも様々な手段を用いて軽量化を施した。ボンネットとフロント・フェンダーはアルミニウム製、ルーフはカーボンファイバー製だ。さらにエキゾースト・システムによって重量を5kg削減したという。



Related Gallery:BMW M5

新型M5は、欧州では今年9月より受注が開始され、納車は2018年春になる予定。販売価格は11万7,900ユーロ(約1,520万円)と発表されている。なお、発売時には「M5 ファースト・エディション」という特別仕様車が世界限定400台で販売されるそうだ(上の画像)。これはボディがBMWインディヴィジュアルのマットな「フローズン・ダーク・レッド」で塗られ、20インチ・ホイールや、ホワイト・レザーに赤いステッチ入りの内装が組み合わされる。価格は標準のM5より1万9,500ユーロ(約250万円)高となる。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 BMW M5

Related Gallery:BMW M5


■関連記事