【ビデオ】ハーレーダビッドソンのエンジン・パーツが入ったジンのボトルが発売
自宅のリカーキャビネットを見て、「この酒瓶の中に昔のオートバイのパーツが入っていたらいいのに」と思ったことはないだろうか? ない? まあそうだろう。だが、ハーレーダビッドソンのレストアやパーツ販売を手掛けるウーヴェ・エーインガー氏は、実際にヴィンテージのハーレーダビッドソンのパーツが入ったドライジンのボトルを発売した。同氏は世界中を飛び回って旧いハーレーダビッドソンのバイクやパーツを見つけているため、"Archaeologist(考古学者)"と呼ばれている。そしてこのジンには彼のニックネームが付けられている。

初回発売のジンのラインナップは3種類。1939年製フラットヘッドのカムシャフト、1947年製ナックルヘッドのスクリューナット、そして1962年製パンヘッドのロッカーアームだ。各ボトルの中には本物のヴィンテージバイクのエンジンパーツが入っている。だがモーターオイルやパーツクリーナーの味がジンに混じっていないかという心配はご無用。パーツはクリーニングされ、すず合金で処理されているため、ジンの味に油が混じることはなく、実際に飲むことができる。ボトルにはヴィンテージ風のラベルが貼られ、ラッピングシートにはエーインガー氏がそのバイクを見つけた過程について書かれている。そしてパーツのシリアルナンバーが記載されたタグも付属する。

The Archaeologist: The Harley Davidson Spirit (PRNewsfoto/The Archaeologist)

だが、ボトル入りドライ・ジンの値段としては決して安くない。900ユーロ(約11万5,000円)から1,100ユーロ(約14万円)近くもする。変わり種の商品としてもかなり高価だ。しかし、ジンを全部飲んでしまっても、シャレたディスプレイとして残る。我々がどう思おうと、確かにニーズはあるようだ。この初回販売された商品はすべて完売。だが、同氏は次回の商品も発売する予定で、すでに予約受注を行っている。ハーレーダビッドソンの"スピリッツ"を味わってみたい方は、公式サイトをチェックしてみよう。




By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー