BMW、間もなく発表するオープン・スポーツカーを改めて予告! トヨタとの共同開発による次期型「Z4」か!?
数週間前、BMWは画像付きのツイートを投稿し、ペブルビーチで何らかのオープン・スポーツカーを公開すると予告していた。一目見たところ、それは「8シリーズ コンセプト」のコンバーチブル・バージョンではないかと思われた。その長いノーズとホイールベースが「8シリーズ」のような大型車にこそ相応しいスタイルだったからというだけでなく、BMWは5月に欧州で発表した8シリーズ コンセプトを、ペブルビーチで米国デビューさせるとしていたからだ。

しかし、今回新たに公開されたティーザー画像を見ると、このクルマは以前にカモフラージュを施した姿でテスト走行しているところを目撃された「Z4」のコンセプト・モデルかもしれないと思えてきた。

重大発表に備えよう。 更なる詳細は8月17日に乞うご期待。

フロント・フェイスはこれとまったく同じではないが、数ヶ月前に目撃されたBMW Z4の試作車と極めてよく似ているのだ。この画像のクルマも8シリーズ コンセプトも、どちらも平たくて幅広のキドニー・グリルが特徴だが、8シリーズ コンセプトの方は左右のグリルが中央でつながっている。さらに違いが顕著なのがヘッドライトだ。8シリーズ コンセプトのヘッドライトは薄くて横長だが、この画像と目撃されたZ4の試作車は、他の現行BMW車とも異なり、フロント・フェンダーの後方に伸びた縦型のヘッドライトが備わっている。そしてもう1つ、気になるのが大きさだ。このティーザー画像は車体のサイズを判断するのに最適なアングルとは言えないが、我々が当初思っていたよりもだいぶ小さいように見受けられ、8シリーズ ロードスターよりはZ4に近い。

いずれにせよ、ペブルビーチ・コンクールデレガンスの日程も迫っているので、全ては間もなく明らかになるはずだ。もしこれがZ4 コンセプトであるならば、その性能についても何らかのヒントが得られるだろう。新型Z4(あるいはZ5という車名が与えられる可能性もある)はトヨタとの共同開発車で、次期型「スープラ」(あるいはまったく別の車名が与えられる可能性もある)と車体やパワートレインを共有する。噂では250psの直列4気筒ターボか、335psのV型6気筒エンジンを積むという話だが、両社にはもっとパワフルなエンジンの搭載を検討して欲しいところだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事