【ビデオ】トヨタ40系「ランドクルーザー」に現代的な装備を加え新車同様にリビルドしたモデルを、米国FJカンパニー社が発売!
Related Gallery:Toyota Land Cruiser FJ40

昔のSUVには現代のクルマにはない本質的なカッコ良さがある。おそらく、ルックスやオフロード車としての性能、そして現在の多用途向けクロスオーバー車とは異なる飾りのないピュアで無骨なデザインがそう感じさせるのだろう。もちろん、現代のSUVに比べたら欠点もある。だが、深いノスタルジーは残したまま、そんな欠点を消し去ることも可能だ。米国マイアミ州にあるFJカンパニー社は、トヨタ「ランドクルーザー」40シリーズに現代仕様の駆動装置とモダンな快適装備を備え、完璧にリビルドしたモデル「スポーツ」を発表した。

最初に、金額についてお伝えしておこう。価格は9万ドル(約985万円)からで、オプションの数によって最終的な値段はさらに上がる。確かに高額だが、古くて貴重なFJ40を見つけ出し、レストアしてここまでのコンディションにするには、エンジンやトランスミッション、サスペンションがオリジナルのままでも、かなりの費用が掛かるものだ。自ら作業するとなれば、大変な労力と技術、それに工具や部品の調達が必要だ。FJカンパニーはあなたの代わりに全てやってくれるのだ。



このFJ スポーツのベースとなるのは、1976年から1983年までの間に製造されたFJ40/43型のトヨタ ランドクルーザー。FJ43とは、FJ40よりもホイールベースが長くて車内が広いバージョンである。オリジナルのシャシーとスチール製ボディが使用されているが、すべて修復と再塗装が施され、まるで新車のような状態に仕上がっている。



FJカンパニーは、オリジナルのエンジンは使用せず、トヨタ製「1FZ」型4.5リッター直列6気筒自然吸気エンジンを搭載した。この24バルブのエンジンは電子制御燃料噴射装置を備え、最高出力210hpを発揮する。トランスミッションは5速マニュアルにアップグレードされているので、高速巡航も快適だ。オートマチックも選べる。



ステアリング・ラックも改良型に交換され、ショックアブソーバーとリーフスプリングはオールドマンエミュー社から提供された。フロントブレーキはドラムから現代的なディスク・ブレーキに変更されている。ソフトトップが標準となるが、5,000ドルを追加すればハードトップに変更することもできる。トヨタ純正スチール・ホイールに標準で装着されたタイヤは、31インチのBF Goodrich製「オールテレインKO2」。オプションで33インチのBF Goodrich製「マッドテレインKM2」タイヤも選べる。また、標準仕様はロールバーが装着されているが、オプションでロールケージを取り付けることも可能だ。



このFJ スポーツは、ワイドなクリーム色のグリルとその中央にある大きなTOYOTAの文字が、1980年代のランドクルーザーを思い起こさせる。グリル同様、ウインカーやミラー、エンブレムは1980年代のトヨタ車のものだ。シンプルなスチール製のバンパーは標準だが、ラバーストップ、けん引フック、ブラッシュガード、LEDライトバーが付くアップグレード・バージョンも用意されている。Warn製のウインチはオプションだ。



インテリアは4色のビニールから選択またはレザーも注文できる。現代的な快適性と安全性を備えたコルビュー製シートはオプションでヒーターも内蔵可能。ヴィンテージ・エア社のクーラー&ヒーターは標準装備だ。1970年代風のクラシックなシートやレカロ製シートもオプションで選べる。ラジオは旧い物のように見えるが、実はBluetoothやiPhoneにも対応。バックミラーにモニターを内蔵したリアビュー・カメラもオプションで用意されている。



9万ドルの「スポーツ」が高すぎるという人のために、FJカンパニーはもっと安価なモデルも用意している。「クラシック」モデルなら最高出力135hpのキャブレター式4.2リッター直列6気筒「2F」エンジンと4速マニュアル・トランスミッションを搭載し、価格は6万5,000ドル(約712万円)から。いずれも豊富なオプションやカラーから選択できる。FJカンパニーのサイトには一般的な自動車メーカーよりも良くできたコンフィギュレーターが用意されているので、自分好みのFJ40を考えてみよう。1時間くらい、あっという間に経ってしまうはずだ。




By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Toyota Land Cruiser FJ40


■関連記事
子供の頃の夢を現実に! 新車同様にレストアされた1972年型トヨタ「ランドクルーザー FJ40」
新車同様にレストアされたトヨタ「ランドクルーザー FJ45」が、オークション・サイトで販売中
これぞトヨタの看板モデル! 「ランドクルーザー」の歴史をトヨタUKが解説