Related Gallery:2017 MMC Expander

三菱自動車 は、8月10~20日に開催されている第25回インドネシア国際オートショーで、小型クロスオーバーMPVの「エクスパンダ―」を世界初公開した。

エクスパンダーは、スタイリッシュでルーミーなMPVと、タフでダイナミックなSUVを融合させた、次世代クロスオーバーMPV 。三菱の代表的なSUVである「パジェロスポーツ」の持つ力強さ、存在感、上質感を受け継ぎ、従来の小型MPVクラスにはないスタイリングを目指してデザインされたとのこと。

様々な路面状況において優れた乗り心地を実現し、乗員すべてに静かで快適な居住空間と充分な荷室を確保したうえで、SUVに求められる機動力や走破性といった要件も兼ね備えている。

三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させて採用。フロントフェイス中央のラジエーターグリルを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方向から包み込むようなプロテクト形状とし、人とクルマを守る安心・安全の機能を力強く表現。また、LED ポジションランプを被視認性に優れる高い位置に配置し、ヘッドライトは低い位置(フロントバンパー)に位置するなど、より機能的にそして、トレンドにあわせて進化させたデザインになっている。


流麗なルーフラインのキャビンや、リヤクオーターピラーの上端を抜いた伸びやかなウインドウグラフィックで MPVらしいスタイリングを実現。一方、ボディサイドを貫く彫刻的なキャラクターラインや、アスリートの筋肉のような塊感のある大きく張り出した前後フェンダーにより、SUVらしいタフでダイナミックなイメージも付加され特徴的なデザインに仕上げられている。

開発者がこだわり抜いたというリヤコンビネーションランプは、車体側からテールゲート側まで連続してL字型に点灯するLEDテールランプとなっており、後続車に先進的で特徴的な印象を与えるものになっている。また、ブレーキング時はL字型の部分とは別にストップランプが点灯し、被視認性にも考慮したデザインとなっている。

軽量化を推進した高剛性ボディと最適化したサスペンションにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立。さらに、インドネシアの路面環境にあわせ、クラストップレベルの最低地上高 205mmを確保していることにより、未舗装路やスコール時も安心して走行することができる。

エンジンは、実績のある1.5L DOHC 16バルブ MIVECエンジンを静粛性向上など細部にわたって改良して搭載。 トランスミッションは、5MTと4ATが用意されている。

安全装備としては、高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造による三菱独自の衝突安全強化ボディ「RISE」の採用により、全方位からの衝突に対する安全性を向上。

また、ABSに加え、ブレーキとエンジン出力を自動で調整して車両の不安定な挙動を安定させるアクティブスタビリティコントロール(ASC)、急な坂道での発進時に車両のずり下がりを防止するヒルスタートアシスト(HAS)、急ブレーキをかけた時やABSが作動した際に自動でハザードランプを高速点滅させて後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルシステム(ESS)等も設定されている。


インテリアはエクステリアに比べて比較的オーソドックスでシンプルなデザインが採用されている。

ミニバンと言えば、ウォークスルーを採用するクルマも多いが、エクスパンダ―は、インストルメントパネルに繋がる幅広く高いフロアコンソールとセンターパネルを採用し、セダンライクな包まれ感のあるコックピットになっている。

インパネには、多機能で視認性に優れるハイコントラストメーターを採用。メーター中央にはマルチインフォメーションカラー液晶ディスプレイを装備し、イグニッションをONにすると車名ロゴと車両外観をあしらったオープニング画面が現れてドライバーをもてなし、走行時はエコドライブをお知らせするなど、様々な情報を表示することもできる。

機能装備としては、キーレスオペレーションシステム(ドアハンドル のスイッチを押すだけで開錠・施錠でき、ブレーキを踏んでエンジンスイッチを押すだけでエンジンの始動・停止可能)、ドライバーを迎えるウェルカムライト、降車時にエンジンオフ後もヘッドラ イトを30秒間点灯させて周囲を照らすカミングホームライトなど、便利な機能も充実している。


インドネシアにおける排気量1.5Lまでの小型MPVクラスより一回り大きくワイドなボディサイズとすることで、クラストップの室内空間と多人数乗車に適した乗員レイアウトを実現。乗員間の距離と幅、ヘッドクリアランスを充分に確保しているという。

2列目には6:4分割で前倒しできるシート、3列目には5:5分割で片側ずつ前倒しできるシートを採用。2列目と3列目のシートを倒す荷室モードでは、フルフラットとなり広大な積載スペースとすることもできる。

2列目中央席のシートバックを前倒しすると大型アームレストとして使用でき、また、前倒しした大型アームレスト上のスペースを利用すれば、2列目から3列目にかけて長尺物を積むことも可能。

各席にはスマートフォンを置けるスペースを用意し、列ごとにACC ソケットを設置することで便利に充電することが出来るなど細かい点も配慮されている。

エクスパンダーは、今秋からインドネシアで発売される予定で、年間8万台生産される予定となっている。また、アセアンをはじめ、一部の地域には2018年初春より出荷される計画もある。

日本への導入はアナウンスされていないが、もし過去の名前を引き継ぐとしたら、小型7人乗りでラインアップされていた「ディオン」あたりだろう。また、 ルノー・日産アライアンスの一員として日産に供給されれば、「ラフェスタ」あたりか。そうなると、スライドドア車ではあるが、トヨタの「シエンタ」やホンダの「フリード」あたりがライバルとなりそうだ。

自動ブレーキなど日本向けには追加の装備が必要かと思うが、現在の日本での三菱車のラインナップが少ないだけに、まずは東京モーターショー等への参考出品も期待したい。

三菱自動車 公式サイト
www.mitsubishi-motors.co.jp


Related Gallery:2017 MMC Expander


MITSUBISHI MOTORS XPANDER Your Next Generation MPV


MITSUBISHI MOTORS XPANDER Product Introduction Video