ダイハツらしからぬデザインだが魅力的!? インドネシアで2台のコンセプトモデルをワールドプレミア!!
Related Gallery:Daihatsu GIIAS2017

ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・ モーター(以下ADM)は、2017年8月10日~20日にジャカルタで開催されている「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017に、世界初出展となる小型車のコンセプトカーを2台出品した。

今回出展されたコンセプトカーは、「インドネシアのお客様の生活に寄り添い、生活を豊かにする新提案の車両」とのこと。

「DN MULTISIX」は多人数乗車が主流のインドネシアにおいて、現在ADMが保有するMPV ラインナップ「セニア」「シグラ」に続く新しいカテゴリーのFFのMPV。これまでのミニバンスタイルから、SUV的なデザイン要素を取り入れたモデルとなっている。

ちなみに、ドアは観音開きとなっており、また、ステアリングも航空機のようなデザインになっているため、あくまでコンセプトとしての提案のようだ。


「DN F-SEDAN」は、Aセグメントのハッチバックセダンタイプの小型車。ADMのラインナップには無い、新しい市場の可能性を探るコンセプトカーとして登場した。

こちらも、ドアは観音開きで、5人乗りだが4名用のバケットタイプのシート形状が採用されていることから、そのまま市販化されるというよりは、あくまでコンセプトモデルのようだ。

まだまだクルマの普及率が低いインドネシアは、多人数乗車や商用モデルが主流。日本でもダイハツのコンパクトセダンとしてシャレードやオプティ、アプローズなどがあったが、定着しなかった点も考えるとチャレンジングな提案だ。今後の展開も注目だ。

ダイハツの車両はOEMモデルを除くとコンパクトなモデルが主流で、かわいらしい丸目や目がおおきいファニーな印象のデザインが人気となっている。

今回出品されたモデルは、いずれも世界的なデザイントレンドにあった細目のライトを使ったスタイリッシュなモデルとなっており、こでまでのダイハツらしくはないデザインとも言えるだろう。

2015年に「ダイハツ版ハリアー!?」としてご紹介した「FT Concept」もダイハツらしからぬデザインであり、日本導入なども期待したが、残念ながら東京モーターショーへの出品もなく、市販化もされなかった。今回のモデルも日本でも人気が出そうなデザインなだけに東京モーターショーへの参考出品なども期待したいところだ。


■ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/