ジープから、707馬力の「ヘルキャット」エンジンを搭載した「グランドチェロキー トラックホーク」が登場!
Related Gallery:2018 Jeep Grand Cherokee Trackhawk

ジープは、4輪駆動で最高出力707馬力の「ヘルキャット」エンジンを搭載する、クレイジーなジープ「グランドチェロキー トラックホーク」の価格をようやく発表したのだが、これが冗談抜きに高価なのだ。米国における販売価格は、輸送費1,095ドル(約12万円)込みで8万6,995万ドル(約958万円)と、限定生産される最高出力840馬力のダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」と比べても2,000ドル(約22万円)ほど高い。エンジンのパワーは133hp低く、0-1/4マイル(約402m)は2秒遅いのに(デーモンが9.6秒、トラックホークは11.6秒)、より多くの金額を支払わなければならないのだ。



2018 Jeep® Grand Cherokee Trackhawk

しかし、デーモンやヘルキャットではなく、ジープだからこそ可能な事もある。グランドチェロキーは、これらのベースとなった「チャレンジャー」や「チャージャー」より室内や荷室が広く、たくさんの荷物も積めるし、最大7,200ポンド(約3,266kg)の重量を牽引できる。また、4輪駆動なので悪天候時でも多くのトラクションが得られる上、見事な4輪のバーンアウトだってできるのだ。



もちろん、トラックホークだって十分に速く、様々な面において高性能だ。例えば、0-60mph(96.6km/h)加速は3.5秒と、「チャレンジャー ヘルキャット ワイドボディ」より0.1秒しか遅くない。また、ジープ史上最も大きいというブレンボ製のブレーキは、60mphからの114フィート(34.7m)で停止できる。4本とも幅295mmのタイヤを履き、スキッドパッドの試験では横加速度0.88Gを記録したという。

マッスルカーとSUVを本気で融合させた不条理なパフォーマンス・マシンを待ち望んでいた人は、今すぐディーラーで注文しよう。今年の終わり頃にはトラックホークを手に入れられるはずだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Jeep Grand Cherokee Trackhawk


■関連記事