SUZUKI BURGMAN 400 ABS
スズキは、400ccのラグジュアリースクーター新型「バーグマン 400ABS」を8月4日より発売する。新型「バーグマン 400ABS」は、1998年に発売の国内初400ccスクーター「スカイウェイブ400」の全面改良モデルで、商品名も新たにスズキの大型スクーターのグローバルブランドである「バーグマン」に今回統一された。


新型「バーグマン 400ABS」は、スリムな車体や外装のコンパクト化など車両全体で8kgの軽量化や14インチから15インチに大径化されたフロントホイールを装備し高い操縦性安定性を実現。ヘルメットなどの用品を収納可能な42Lのシート下トランクスペースと、グローブなどの小物の収納に便利なハンドル下左右のスペースを確保した。

新デザインのフロントノーズは、スポーティーで軽快な印象のデザインとし、バーグマンシリーズ共通イメージの左右二灯ヘッドランプとリヤコンビネーションランプは、両端にウインカーを備えテールランプにLEDを採用している。

低中速トルクを向上した水冷4サイクルDOHC 399cm3単気筒エンジンは、エアクリーナーボックスの容量を増やすことで素早いスロットルレスポンスと、より力強い加速を実現した。

SUZUKI BURGMAN 400 ABS
車体色は、黒「マットブラックメタリックNo.2」、白「パールグレッシャーホワイト」の2色が設定された。新型「バーグマン 400ABS」の年間目標販売台数は300台、希望小売価格(消費税込み)は、799,200円。

Related Gallery:SUZUKI BURGMAN 400 ABS

■スズキ 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/