ロータス史上最高にパワフルなロードカー「エヴォーラ GT430」が登場! 世界限定60台のみ
Related Gallery:Lotus Evora GT430

ロータスから美しい新型モデルが誕生した。新種のハスの花のごとくイングリッシュ・ガーデンに鎮座するのは、さらなる軽量化とスピードを追求した「エヴォーラ GT430」だ。ロータスが「現在、最もパワフルで完成された公道仕様車」と銘打つクルマだが、その言葉には確固たる裏付けがある。



ロータスによれば、エヴォーラ GT430は0-100km/hを3.8秒で加速するという。スーパーチャージャーとインタークーラーを備えた3.5リッターV6エンジンが最高出力430hp(436ps)/7,000rpmと最大トルク440Nm/4,500rpmを発生し、車両重量はわずか1,299kg(燃料などを除いた乾燥重量は1,258kg)となれば、論理上必然の性能だ。



ロータスの軽量化に対する執念は際限がない。カーボンファイバー(一部はその炭素繊維の織り目も露わな)を前後バンパー、ルーフ、テールゲートなどボディの各部に使用し、従来より軽量なオーリンズ製ダンパー、チタン製エキゾーストなどを採用した結果、すでにかなりの軽量化を果たしている「エヴォーラ・スポーツ410」より更に26kgも軽くなった。よりワイドなタイヤとホイール、追加された大型リア・ウイングなどによって、9kgほど重量が増加しているにも拘わらず、である。ちなみに、スポーツ410の最高出力は、その名前が表す通り410hpで、最大トルクは410Nm/3,500rpm、0-100km/h加速は4.0秒(ATは3.9秒)だった。GT430は6速マニュアル・トランスミッションのみの設定なので、もし貴方がオートマチック・トランスミッションにこだわるのであれば、スポーツ410を選んでいただくしかない。



GT430の最高速度は190mph(約305km/h)に達し、巨大なウイングや改良されたボディ・ワークなどによるエアロダイナミクスが、最大250kgものダウンフォースを発生するという。「現実的に可能な途方もない速度とこのクラスでは前代未聞のハンドリング」を提供するとロータスは言う。

このGT430は、吉利汽車の親会社で、スウェーデンのボルボを傘下に収める浙江吉利控股集団にロータスが売却されてから初めて誕生した新モデルだ。



わずか60台のみが販売されるというこのエヴォーラ GT430の価格は、税込11万2,500ポンド(約1,630万円)。スパルコ製シートや特別なカラーリング、エアコン、インフォテインメント・システム、そしてカップホルダーなどのオプションを追加すればさらに高くなる。


By GREG RASA
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:Lotus Evora GT430


■関連記事