レース活動で培った空力ノウハウを投入!! トヨタ「カムリ」用カスタマイズパーツがTRDから登場!!
Related Gallery:2017 Toyota Camry TRD Parts

TRDブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、トヨタカムリ」の発売にあわせTRDパーツを発売した。

エアロパーツとしては、専用デザインのLED標準装備のフロントスポイラー、サイドスカート、リヤバンパーガーニッシュからなるエアロパーツセットに加えて、 フロントの印象を変えるフロントバンパーガーニッシュ、リヤスタイリングをよりSportyにカスタマイズするリヤトランクスポイラー、リヤサイドスポイラーが用意されている。


レース活動を行うTRDが手がけたということで、空力を追求したデザインが特長だ。

開発コンセプトは「Graceful Carriage」。 いかに低い速度から空力効果を出すか、快適、楽しいなどの「乗って楽しい」はもちろん、グレイスフル、優雅などの「見て楽しい」性能を持たせるかを突き詰めたうえでのコンセプト。これをTRD独自の「解析と官能」に基づきデザインした結果、エアロパーツを装着することで、高速道路でもふらつかない直進安定性の向上と風切音の減少を実現している。

フロント側では、フロントスポイラーに当たる空気を上下左右にきっちりと分断し、下面の空気の流れを上面より速めるとともに、前方から車両側面に抵抗なく空気を流し整える造形となっている。


また、リア側では、リヤバンパーガーニッシュを装着することで、パーツとボディとの間に空気が入り込み抵抗となってしまうのを防ぐため、車両下部に隙間を作らないデザインを採用。それは抵抗を減らすだけではなく、フロントスポイラーで引き入れた空気を気持ちよく後方に排出する効果もある。

空気はクルマが走るためには文字通り絶対について回るもの。 この空気を操り、前後のバランスを取ること、さらにはそれを見た目の上でも前後のバランスをデザインできるのが、TRDが誇るトータルチューニングなのだ。

なお、他にもドアハンドルプロテクターやフェールキャップガーニッシュ等のアクセサリーパーツがラインナップされているが、マフラー、サスペンション関係や、補強パーツ等の走行系のパーツは残念ながら用意されていない。

ハイブリッド車ということで、攻め込む走りをすることも少ないかと思うが、より走りを楽しめるパーツの登場も期待したい。

■TRD オフィシャルサイト
http://www.trdparts.jp/


Related Gallery:2017 Toyota Camry TRD Parts

■関連記事
トヨタ、カムリをフルモデルチェンジし7月10日に発売