ルノーがF1参戦40周年を記念して、本物の「イエロー・ティーポット」を製作 白煙を上げても大丈夫!
ルノーが自社のヒドかったF1マシンを記念してティーポットを作った。そう聞いてもさっぱり訳が分からないと思うが、その背景に込められた意味を知れば、これがルノーF1の歴史を讃える気の利いたグッズであることがお分かりいただけるだろう。

そのヒドかったF1マシンとは、1977年に同社が初めてF1世界選手権に参戦するために開発した「RS01」。同年の第10戦イギリスGPでデビューしたこのマシンは、F1史上初のターボチャージャー付きエンジンを搭載していた。生憎、新しいパワーユニットはターボラグと冷却の問題を抱えて力を発揮できず、白煙を上げながらレースをリタイアすることが度々あった。それを見た他チームのボスが「イエロー・ティーポット」と呼んだのだ。そんな歴史を踏まえて、トップの写真と、そして下に掲載した実車の写真をご覧いただきたい。



というわけで、このティーポットはルノーの歴史にとって重要なマシンへのオマージュとして作られたものである。また、今年はルノーがRS01でF1に参戦を開始してからちょうと40周年にあたる。このティーポットがルノーF1をモチーフにしていることは一目瞭然だろう。ルノーのワークス・カラーである黄色と黒で塗り分けられ、フタはロールフープとエンジン・カウル、取っ手はリア・ウイング、そして注ぎ口は最近のF1マシンのノーズコーンを模した形状になっている。

このティーポットはルノーのレストラン「アトリエ・ルノー」で使われるそうだが、同社オンラインストアを通じて40個のみが限定販売されるという。価格は129ユーロ(約1万7,000円)になる予定だ。最初はティーポットと揶揄されたルノーのターボ・エンジンが初めてF1で優勝するには、さらに2年後の1979年まで待たなければならない。そんなF1とルノーの歴史に思いを馳せつつ、優雅にティー・タイムを楽しむのも悪くないが、火に掛けたまま忘れてブローさせることがないよう、気を付けよう。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー