TOYOTA CAMRY
 トヨタは、カムリをフルモデルチェンジし、7月10日に発売した。
 カムリは、1980年国内専用モデル「セリカ カムリ」として誕生、1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」として一新し、グローバルに販売を開始し、「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国15年連続乗用車販売台数No.1獲得をはじめ、100カ国以上の国や地域で販売し、累計1,800万台超えを達成している。


 新型カムリは、「性能」「智能」を突きつめ「官能」をもたらす心揺さぶる上質セダンをコンセプトに、TNGAに基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発し、エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味を実現した。
 運転のしやすさを追求したHMI、仕立ての良い室内空間、最新の予防安全装備の充実など、新たな上級ミッドサイズセダンとして進化させた。


 エクステリアは、TNGAに基づきエンジンおよび乗員レイアウトを下げることで、低重心シルエットのデザインを実現し、フロントは、トヨタ独自のキーンルックの進化により個性を際立たせ、スリムなアッパーグリルと、立体的で大胆に構えたロアグリルを対比させ、低重心でワイドなスタンスを強調した。


 Bi-Beam LEDヘッドランプは、3層に重なったLEDクリアランスランプで、横方向への広がりと奥行きのある高い質感を表現している。

TOYOTA CAMRY
 サイドは、低く構えたフードとフェンダー、低いベルトラインにより、タイヤの存在感を強調し、低重心感を表現。ルーフの後端を延長し、広い居住空間と伸びやかなプロポーションを両立し、サイドウインドウをコンパクトな形状にすることでキビキビとしたスポーティな印象を付与した。


 リヤは、ワイドスタンスによるスポーティさに加え、ショルダーを張り出した安定感のある造形で上級な車格を感じさせるスタイルを表現とし、ライン発光が印象的なLEDランプでワイド感と上質感を追求した。


 インテリアは、スポーティなコックピット空間と広がり感の両立させ、TNGAに基づき、部品の小型化やレイアウトの見直しでインストルメントパネルの厚みを抑えたほか、エンジンフード、カウル、ベルトラインを下げ、視界を良くし、新しいパッケージによるスポーティかつ広がり感のある空間を実現した。


 ディスプレイ(ナビゲーション、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイ)の相互リンクによる情報表示により、ドライバーの操作動線と視線移動を最適化し、運転に集中できるコックピットを実現。また、ナビゲーションとヒーターコントロールパネルが一体となったセンタークラスターパネルには、フラッシュサーフェスデザインを採用。先進のインターフェイスを搭載していることが一目で伝わる特徴的なデザインを実現している。


 プラットフォームは、TNGAに基づく新開発のプラットフォームがもたらす重量バランス、車両安定性の向上により上質な乗り味を実現。また、重心高を下げることで横揺れの少ない乗り心地と安定した高速走行に寄与し、液体封入式のエンジンマウントを4点すべてに採用(トヨタ初)し、それを最適配置することで、高トルク化による振動や静粛性への対応、上質な乗り味を実現した。
 サスペンションは、フロントに新開発のマクファーソンストラット式を採用、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用し、意のままの走りと乗り味を実現。


 パワートレーンには、最大熱効率41%と高出力を両立したTNGA新エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」と、進化を続けるハイブリッドシステム(THSⅡ)を組み合わせ、同排気量クラストップレベルとなる33.4km/Lの低燃費と動力性能を両立させた。

TOYOTA CAMRY TOYOTA CAMRY
新型「カムリ」の希望小売価格(消費税込み)は、3,294,000円〜4,195,800円。

Related Gallery:TOYOTA CAMRY
■トヨタ 公式サイト
https://toyota.jp/