フォード「マスタング」を最大で1,200馬力のにカスタム出来る!? 価格は4万5,000ドル前後から
昨年、最高出力727hpを発生するスーパーチャージャー付きフォード「マスタングGT」を発売した米国オハイオ州にあるフォード販売店「Lebanon Ford」が、新たにツインターボのマスタングを発売した。今度は最高出力を1,200hpまで引き上げられる"可能性がある"という。



"可能性がある"としたのは、1,200hpのパッケージとして販売されているわけではないからだ。Lebanon Fordが発売したのは、5.0リッターV型8気筒エンジンを搭載する「マスタング GT」をベースに、62mmのターボチャージャー2基とデュアル・インレットクーラー、キャットバック・エキゾースト、フォード・レーシング製インジェクターなどのパーツと取り付け費用、そしてベース車のマスタング GTも含めて、4万5,499ドル(約520万円)という価格が付けられたコンプリートカーだ。ブースト圧は5psiから30psiまで調整でき、最高出力は600hp程度から、最大の30psiに設定すれば1,200hpまで引き出すことも可能と同社では謳っている。

よりパワーを高めたい人のために、Lebanon Fordではアップグレード版も用意している。こちらは4,400ドル(約50万円)高くなるが、大型のインジェクターやブースト・ポンプ、オイル・ポンプ・ギア、強化されたリア・アクスル・シャフトも追加される。ただし、本気で1,200hpのモンスターを目指すのであれば、Lebanon Fordは、このパッケージよりもさらに大型のインジェクターや燃料ポンプの装着を考えるべきだとしている。

Lebanon Fordでは、こうしたパッケージだけではなく、購入者の要望に基づいたカスタムを提案することも喜んで行うそうだ。別のパーツや追加のコンポーネントなどの相談も受け付けているという。ただし、こうした作業は恐らくコストが掛かるだろう。もし貴方がターボチャージャーやスーパーチャージャー付きのマスタングに興味があるのなら、同社のウェブサイト(英語)をご覧いただきたい。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー