ジャガー・ランドローバーは、「Motorsport's Game Changers」をテーマに開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017にスポーツ・サルーン「XE SV Project 8」を出展ワールドデビューを飾った。

「XE SV Project 8」は、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が、デザイン、エンジニアリング、組み立てのすべてを手掛けるコレクターズ・エディションの第2弾で、チューニングを施し、パフォーマンスを極限まで高めたモデル。5.0リッターV8スーパーチャージド・エンジンを搭載し、最高出力600PS、最大トルク700Nm 最高速度200mph、0-60mph加速3.3秒といったパフォーマンスを実現した。「XE SV Project 8」の世界販売台数は、300台限定です。

ワールドデビューから4日後「XE SV Project 8」は、「ミシュラン・スーパーカー・ラン」において「パドック・ショウストッパー・トロフィー」を受賞した。この賞は、ミシュランUKが主催するオンラインでの一般人気投票で、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017開催期間中に人気モデル6台が選出され、最終日の午後にはモータージャーナリストなどを含む審査員が、6台の中から最も魅力的な1台を選出する。


■ジャガー 公式サイト
https://www.jaguar.co.jp/index.html