クルマや乗り物関連のニュースを1分間の動画と共にお届けする『Autoblog Minute』から、今回は世界初の腕を動かすだけで操縦できるラジオコントロールカーをご紹介しよう。

コントローラーはスマート・ウォッチのようなリストバンドで、これを装着した腕で所定の動作を行うことによって、オモチャのレーシングカーを遠隔操縦することができる。例えば、腕を上げると前進、下げると後退、時計回りにひねると右折、反時計回りなら左折、という具合だ。車両と腕時計型コントローラーはBluetoothで接続されている。

車体のサイズは全長33cm×全幅12cm×全高10cm。トレッドの深い大径タイヤとサスペンションを装備し、最低地上高が1.5cmとられているので、ちょっとした凸凹のある路面や砂地でも走れるようだ。車体には耐衝撃性に優れたABS樹脂が使われており、最高速度は20km/h。バッテリーパックは2〜3時間充電すれば30分ほど走らせて遊ぶことができる。

操縦にはスマートホンを使うこともでき、こちらは専用のアプリを使って、前後左右にスマホを傾けることによってコントロールが可能になる。

この「ジェスチャー・コントロールド・スマートカー」を開発したUltigesture LLCは、製品化に向けて現在クラウドファンディング・サイト「Kickstarter」で資金を集めている。今なら89ドル(約1万円)でクルマとコントローラーのセットが予約できるようだ。気になる方は「Kickstarter」のページをご覧いただきたい。


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー