【ビデオ】ロシア人のトヨタ「プリウス」オーナーが考え出した、奇妙なサイドミラー盗難防止装置!
ロシアの田舎町では、2代目のトヨタ「プリウス」のサイドミラーが頻繁に盗まれるらしい。これに我慢ができなくなったロシア人のプリウス・オーナーが、盗難対策として「ミラー・アーマー」とでも呼ぶべき物を自作した。

ロシアの若者が作ったと思しきYouTubeチャンネル「Tiny Surprises」に投稿されたこの映像では、プリウスのサイドミラーを盗もうとうろつく怪しげな地元の窃盗犯の姿を捉えている。映像の前半は、プリウスに近づいてサイドミラーを奪おうとする窃盗犯の姿を監視カメラが撮影したもので、映像の後半では、これに対抗するプリウス・オーナーが考え出した盗難防止策を見ることができる。

愛車のサイドミラーを何度も付け直すことに嫌気が差したのであろう、この名も知らぬ我々のヒーローは、折り曲げた金属板を溶接して作ったフレームでがっちりとサイドミラーを囲い、これにスチールワイヤーを何本か取り付けた。そのうち1本はAピラーからフロントガラスの上を通って反対側につながり、あとの2本はそれぞれ前後のホイールハウスから車体の下につながっているようだ。これらの仕掛けは、サイドミラーの横にぶらさがった大きな南京錠で守られている。

これでサイドミラーは守れるのだろうかと疑問に思うが、おそらく効果はあるのだろう。映像を見る限り、このプリウスのサイドミラーは無事だった。この自作の盗難防止システムは、ボルトカッターを持った計画的な窃盗犯には立ち向かえないが、コソ泥やイタズラを防ぐには充分らしい。




By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー