【ビデオ】BMWが「i8 ロードスター」のティーザー映像を公開 発売は2018年!?
ついにBMWから、長いこと待ち望まれていたハイブリッド・スポーツカー「i8」のオープントップ・モデル「i8 ロードスター」を予告するティーザー映像が公開された。

BMWはこの短いビデオに「2018年、BMW i8 ロードスターはオープントップ・ドライビングの楽しさを開拓する、まったく新しい次元のドアを開きます。しかも静かで街中では排ガスも出さず」という美徳をちらつかせた文言を加えている。

2012年に発表されたコンセプトカー以来、我々はこれまで何度かオープントップのi8を目にしてきた。今年2月にはテスト車両も目撃されているが、今回のティーザー映像では最もはっきりとi8 ロードスターの姿を見ることができる。

車体は当然ながら、i8 クーペのアルミニウム合金製シャシーとカーボンファイバー強化樹脂製セルを共有することになるだろう。また、ミドシップに搭載された後輪を駆動する1.5リッター直列3気筒エンジンと、フロント・アクスル上に置かれ前輪を駆動する電気モーターを組み合わせたプラグイン・ハイブリッドのパワートレインも、クーペから変更ないと思われる。スペックも同じであるならば、合計最高出力362psということになる。

明らかにクーペと異なるのは、リア・ウィンドウからリア・フード周り、そして開閉可能になるはずのルーフだが、このティーザー映像では肝心のオープンになった姿が見られない。この映像から確かに分かることはといえば、i8 ロードスターが間違いなく登場するということだけかもしれない。


By Greg Rasa
翻訳:日本映像翻訳アカデミー