ジャガー・ランドローバーは、英国中部コベントリーに、ジャガーとランドローバーのクラシックカーのオーナーや愛好家向けに、幅広いプロダクトやサービスを提供する施設、クラシック・ワークスを新たにオープンした。クラシック・ワークスのオープニング・セレモニーには、ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)のラルフ・スペッツ博士と、スペシャル・オペレーションズのマネージング・ディレクターを務めるジョン・エドワーズが出席。この施設は、クラシックカーの販売、製造、レストアを行う施設としては世界最大規模となる。


 クラシック・ワークスのオープンは、ジャガー・ランドローバー・クラシック・ブランドの成長戦略において、重要な一歩となります。ジャガー・ランドローバー・クラシックにとって初の専用拠点であり、販売、サービス、レストア業務すべてを同じ建物内で行う。ジャガー・ランドローバー・クラシック・ブランドの拡張は今後も続き、今夏にはドイツのエッセンに新しい施設をオープンする予定。


 ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ マネージング・ディレクター ジョン・エドワーズは、「クラシック・ワークスはジャガー・ランドローバーにとって極めて重要な施設です。これは単なる建物ではなく、世界中のお客様にとって、ジャガー・ランドローバー・クラシックの中心的存在となり、心を揺さぶる場所となります。私たちが有するジャガーとランドローバーという2つのブランドのオーナーや愛好家の皆様に、クラシックカーのためのあらゆるサービスを提供し、サポートできる素晴らしい機会となるでしょう。」と述べた。


 敷地面積14,000m2のジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスは、同種の施設としては世界最大規模であり、専用のショールーム・スペースのほか、10年以上前に製造終了となったジャガーおよびランドローバーの全モデルのサービスおよびレストアを行うワークショップ・ベイを54も設けている。


 ワークショップは、ランドローバーの「Series I」、「RANGE ROVER CLASSIC」、ジャガーの「E-TYPE REBORN」のレストア・プログラムのための、専用の分解・再製造・組み立てゾーンに分けられ、エンジン・ショップも併設。また、「XKSS」の組み立てラインも備えている。


 クラシック・ワークスには、500台を超えるジャガー・ランドローバー・クラシック・コレクションも保管する。英国の自動車の歴史が生きたまま保管され、レストアの際には貴重な参考資料となり、コレクションに含まれる車両は、自動車クラブやミュージアムへの貸出にも対応し、ジャガー・ランドローバーやパートナーが実施するイベントなどでも使用することが可能。

2017 World Endurance ChampionshipRound one, 6 Hours of Silverstone14th to 16th April 2017Silverstone, UKPhoto: Nick Dungan / Drew Gibson Photography
 ジャガー・ランドローバー・クラシック創設時から従業員数が倍増しているクラシック・ワークスは、80名以上のスペシャリストが勤務、その多くが、数十年にわたって該当モデルの製造に従事してきた経験を持ち、経験が新施設でも発揮され、2017年末までにスペシャリストを120名超までに増員する予定。


 クラシック・ビジネスは、ジャガー・ランドローバーの基幹ビジネスと密接に結び付いている。3DスキャンやCADなど最先端の製造技術を活用し、ジャガー「E-TYPE」やランドローバー「RANGE ROVER CLASSIC」のパネルなど、高額のコストがかかるパーツの再現や取り替えなどが可能になる。


 ジャガー・ランドローバー・クラシックでは、ジャガーおよびランドローバーのクラシック・モデルの愛好家に、正真正銘のジャガー・ランドローバー車両、エキスパートによるサービス、純正パーツ、そして忘れられない体験を提供し、今後はこれらすべてがクラシック・ワークスから提供される。
Related Gallery:JAGUAR Land Rover Classic Works launch
■ジャガー 公式サイト
https://www.jaguar.co.jp/index.html
■ランドローバー 公式サイト
https://www.landrover.co.jp/index.html