【短評】ロングロード・レーシングなら、あなたの希望に合わせてマツダ「ロードスター」をカスタマイズ可能
Related Gallery:Long Road Racing Mazda MX-5 Miata

近頃、新車を購入しようとして不満を覚えることの1つは、装備がトリムやパッケージで限定されてしまうことだ。エンスージアストに友好的なマツダの「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)でさえ、多くの装備は仕様によって限定され、自由に選んだり組み合わせたりすることはできない。

米国仕様では、最も低価格な「スポーツ」、レザーシート等を装備する「グランドツーリング」、ビルシュタイン製ダンパー等を装着する「クラブ」という3種類のグレードしか設定がなく、例えば安価な「スポーツ」や、レザー内装が素敵な「グランドツーリング」では、リミテッド・スリップ・ディファレンシャル(LSD)を装備することはできない。だからといってアフターマーケットのパーツを自分で取り付けると、メーカー保証を受けられなくなる恐れがある。そんな米国のミアータ・ファンにとって心強い味方が、ロングロード・レーシング社だ。マツダ公認とも言えるこのチューナーに頼めば、メーカー保証を受けたまま、様々なカスタマイズが可能なのである。



ロングロード・レーシングという名前を聞いたことがなくても、同社が手掛けたクルマで最も認知度が高い「グローバル MX-5 カップ」、通称"MX-5 カップカー"についてはご存じだろう。このカップカーは、マツダのグローバル展開を目的としたワンメイク・レース・シリーズ向けに開発されたもので、これまでに140台が販売されたという。これらの車両は全てロングロード・レーシング社でレース仕様に仕上げられて顧客の元に届けられる。それだけ同社はMX-5には精通しているのだ。そして、その知識と技術を活かし、オーナーの希望通りにMX-5を仕上げてくれるのが、同社の「アルティメット MX-5」プログラムである。

このプログラムは、ND型MX-5を購入したオーナーがロングロード・レーシング社にクルマを送ると、ニーズに応じてカスタマイズが施されるという仕組みになっている。豊富な種類のパーツ・リストが用意されており、それらは全て同社がセレクトしたもの。組み合わせて装着しても問題ないことが確認されている。しかし、それ以外のパーツを装着したい場合や、パーツを選択する際にアドバイスが欲しい場合は、同社に連絡すれば、目的達成に向けた最善の方法について相談に乗ってくれるそうだ。



ロングロード・レーシング社では、いずれのグレードをベースにカスタマイズすることも可能だから、マツダが提供していない仕様のMX-5を作ることもできる。例えば、レザー・インテリアの「グランドツーリング」でありながら、LSDやブレンボ製ブレーキなど、本来は「クラブ」トリムにしか用意されていないパーツを装着することも可能だ。これらのパーツは全て、供給元が定めた保証が、ロングロード・レーシング社によって完全に保証され、しかも車両のメーカー保証も継続して受けられる。

我々はミシガン州ポンティアックにあるM1コンコース・トラックで、ロングロード・レーシング社がカスタマイズしたMX-5に試乗する機会を得た。今回の試乗では、MX-5カップカーやノーマルのクルマも比較のために用意されていた。



「グランドツーリング」がベースの試乗車は、タン・カラーのヒーター内蔵レザーシートやオートエアコンを装備しながら、「クラブ」用のLSDと大径ブレーキ、マニフォールド、キャットバック・エキゾースト、前後サスペンション・タワー・ブレース、レーシング・ラジエーター、オイル・クーラー、アンチロールバー、高性能タイヤを装着し、ダンパーとスプリングも交換されている。その結果、ミアータの性能は徹底的に引き上げられた。コーナリングはより速く、ブレーキもより強力で、サウンドはカップカーを思わせる。それでいて、ミアータ本来のキャラクターが残されているのだ。ステアリングは軽くて正確、シフトは滑らかでストロークが短く、シャシーは常に挙動に関する情報をドライバーに伝えてくる。だからコースに素早くアジャストできるし、巧みに操ることができる。

価格についてはそれぞれのクルマが仕様によって異なるため、ロングロード・レーシング社では言及しなかった。だが、多くのパーツを取り付ければ、それだけ多くのお金が必要になることは間違いない。予算に拘わらず、同社はあなたにとって"正しい"ミアータを作り上げるための魅力的な選択肢を揃えている。しかも、安全性やメーカー保証が失われることもないのだ。


By
日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2016 Mazda MX-5 Miata: First Drive

Related Gallery:2016 Mazda MX-5 Miata Club