ジャガー、公道仕様モデルで最もパワフルな600馬力の「XE SVプロジェクト8」を公開!
Related Gallery:Jaguar XE SV Project 8

ジャガーの公道仕様モデルで歴代最強となるクルマが登場した。ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が、その技術をジャガーのセダンで最もコンパクトな「XE」に投入した結果、途轍もないモンスターが誕生したのである。その名は「XE SV プロジェクト8」。5.0リッター・スーパーチャージドV8エンジンが最高出力600psと最大トルク71.2kgmを叩き出す。そのパワーは8速ATを介して4輪を駆動し、0-60mph (約96.6km/h)を3.3秒で加速、最高速度は200mph(約322km/h)に達するという。



しかし、XE SV プロジェクト8が誇るのはそのパワーとスピードだけではない。軽量なカーボンファイバーがバンパー、フロント・フェンダー、ボンネットに使用され、大幅な軽量化も図られているのだ。フェンダーが一目瞭然に拡げられているのは、前輪に265mm幅タイヤ、そして後輪にはダッジ「チャレンジャー ヘルキャット ワイドボディ」と同じ305mm幅のワイドなタイヤを履くためだ。当然ながら空力性能も引き上げられており、可変式のフロント・スプリッタとリア・ウイングが装着されている。

足回りには、固められたスプリングと最大15mm車高を下げることが可能な調整式ダンパーを装着し、新開発のカーボン・セラミック・ブレーキと、さらにF1と同じ窒化ケイ素セラミックス製ホイール・ベアリングを公道仕様車で初めて採用。後輪にはオイルクーラー付きの電子制御アクティブ・ディファレンシャルを搭載する。これらによって、XE SV プロジェクト8は直線だけでなくコーナーでも素晴らしい走りが可能であるに違いない。



インテリアも大幅に変更されている。グロス仕上げのカーボンファイバーとアルカンターラが随所に施され、センターコンソールからダイヤル式ドライブセレクターが姿を消した。代わりにピストル・グリップ型のシフトレバーが備わり、パドルだけでなくこちらでシフトチェンジすることも可能となった。

標準の4人乗りモデルは、前席にマグネシウム・フレームのバケット・シートを装備し、後部座席はサイドのサポート部が大きく盛り上がっている。オプションの「トラック・パック」を選ぶと、前席がカーボンファイバー製レーシング・シートとなり、後部座席が取り外されて、代わりにロールケージと4点式ハーネスのアンカーが装備される。重量もさらに12kgほど削減されるという。



このXE SV プロジェクト8は、英国ウォリックシャーにあるSVOテクニカル・センターの専門家によって、限定300台のみが手作業で製造される。全て左ハンドルのみで、英国における販売価格は149,995ポンド(約2,220万円)から。6月30日には現在開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でその走りを披露した。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー