あなたのガレージに、ビンテージの自動車関連ポスターはいかが?
もし、あなたが裕福なカー・エンスージアストで、家やガレージに飾るために美しい本物の自動車関連グッズをお探しなら、ビンテージのポスターなどいかがだろう?

レアでユニークなポスターを扱うPoster Auctions Internationalが、1900年代から1950年代までの多彩なポスターを競売にかけた。その中には、自動車関連の美しい広告も含まれている。鮮やかな色彩と様々なスタイルを特徴とするこれらのポスターは、もちろん増刷されたものではなく、全て当時の本物だ。

米国版Autoblog編集部では、そのオークションからお気に入りをいくつかピックアップしてみた。トップの画像は1928年、フランス自動車クラブ・グランプリのもので、入札開始価格は4,000ドル(約45万円)からとなっていた。一般的なクルマ好きが購入するには高価なものばかりだが、たとえ手が出なくても、その芸術的な素晴らしさはご理解いただけるだろう。


1955年 モナコグランプリ
最初に我々が惹かれたのは、モータースポーツの歴史で最も有名なレース、モナコ・グランプリのポスターだ。路面やタイヤの回りに描かれた効果線がスピード感を与えている。ブレーキやブレーキラインなど、細部の描き込みも素晴らしい。このポスターは入札開始価格1,600ドル(約18万円)だった。



ミシュラン
幸せそうなビバンダムをご覧いただきたい! 鮮やかな色で描かれたキュートな姿が、背景の黒色に実によく映えている。具体的な日付は記載されていないが、作者であるJacques Ariac氏のサインが入っている。この世界一カラフルなビバンダムは、2,000ドル(約22万5,000円)で落札された。


1949年 ブリュッセルオートサロン
このポスターは、1949年にブリュッセルで開催された32回目のモーターショーを宣伝するもので、大きく描かれたクルマが不気味な威圧感を醸している。Poster Auctions Internationalによると、これは第二次世界大戦後にベルギーで開かれた最初の自動車ショーだったようだ。このポスターの入札開始価格は1,300ドル(約14万6,000円)に設定されていた。


1925年 テキサコ
明るくて目立つテキサコの広告は1925年に作られたものだ。多くの事柄は描かれていないが、テキサコが、オイルを注いでいるガソリン缶やテキサコのロゴにかかっている燃料に関する会社だということを非常に明確に表している。長い年月の間に、ほとんどデザインが変わっていないということも驚きだ。このポスターは、入札開始価格が1万1,000ドル(約123万円)と最初から高額だったが、結局2万4,000ドル(約270万円)で落札された。


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー