Related Gallery:2017 Alfa Romeo Giulia Quadrifoglio

FCAジャパンは、アルファ ロメオの新型フラッグシップ・セダン「ジュリア」を、2017年内に日本で発売すると発表した。

既に販売されているハッチバック「ジュリエッタ」の姉を意味する「ジュリア」という名前は、アルファ ロメオが第二次大戦後に名声を再構築した一連のモデルに由来する。21世紀に復活したジュリアは2015年6月に、アルファ ロメオの新世代モデルとして発表された。それからもう2年。首を長くして待っていたアルフェスタも多いのではないだろうか。


Related Gallery:2017 Alfa Romeo Giulia: LA 2015

新規開発されたプラットフォームでは、縦置きエンジンによる後輪駆動レイアウトが、アルファ ロメオの量産モデルとしては(名前ほどではないけれど)久しぶりに復活。前後のオーバーハングを切り詰め、ホイールベースを長く採った車体は、理想的な50:50の前後重量配分を実現したことが約束されている。



トップ・グレードの「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」には、フェラーリのエンジニアがチューニングを手掛けたという2.9リッターV型6気筒ガソリン・ツインターボ・エンジンを搭載。最高出力510psを発揮し、0-100km/hまで3.9秒で加速する動力性能と、電子制御式気筒休止システムによる優れた環境性能を両立している。ボンネットやルーフ、プロペラシャフトにはカーボンを、ドアやフェンダー、サスペンションにはアルミニウムを採用し、さらにオプションでカーボンセラミック・ディスクブレーキや、カーボンファイバー製シートフレームを設定するという徹底的な軽量化によって、パワーウェイトレシオは3kg/ps以下を達成したという。日本仕様の詳細なスペックは発表されていないが、車重は1,530kg以下ということになる。これ数字をそのまま信じれば、V6エンジンを積む先代「166」より70kgほど軽い。



サスペンションは、フロントがアルファ ロメオ専用に設計されたという新開発のダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンク。さらに、左右の後輪に個別にトルクを伝達するツインクラッチ式のトルクベクタリング機構や、電子制御式インテグレーテッド・ブレーキシステムといったテクノロジーを採用し、ドライビング・ダイナミクスの向上が図られているという。


Related Gallery:2017 Alfa Romeo Giulia: Geneva 2016

なお、既に発売中の欧州や米国では、最強版のクアドリフォリオ以外にも、最高出力200馬力や280馬力を発生する2.0リッター直列4気筒直噴ターボなど、いくつかのエンジンが(しかも「ジュリア スーパー」とか「ジュリア TI」といった、昔からのアルファ ロメオ・ファンには胸が熱くなるような名前で)用意されているので、もう少し手頃なモデルの日本導入も期待したいところ。

参考までにお伝えしておくと、米国仕様のジュリア クアドリフォリオは全長4,639mm × 全幅1,873mm × 全高1,426mm、ホイールベース2,820mmとなっている。



日本仕様に関する情報は、新たに開設されたティーザー・サイトで順次明らかになる予定だという。ラインアップは? 価格は? 発売日は? 等々、気になることは数あれど、とりあえずジュリアのエクステリアとインテリアを手掛けた2人のデザイナーが語る動画(日本語字幕入り)を、まずはチェックしてみよう。


アルファ ロメオ ジュリア ティザー・サイト
http://www.alfaromeo-jp.com/sp-giulia/