【ビデオ】ミシュラン、3Dプリンターでトレッドを補充/書き換え可能なコンセプト・タイヤを公開!
Related Gallery:Michelin Vision Concept Tire

ミシュランは、6月13~15日にモントリオールで開催した会議「Movin'On 2017」で、「ビジョナリー」と名付けられたコンセプト・タイヤを初公開した。このタイアとホイールが一体となった(言うなれば"トゥイール")のエアレス・タイヤは、生物由来の有機材料で作られており、リサイクル性と生物分解性を兼ね備えている。トレッドは3Dプリンターで書き換えることができるため、季節や路面に応じて変更することが可能だ。通信機能も搭載されているので、組み込まれたセンサーがリアルタイムでタイヤの状態に関する情報を提供してくれるという。

この肺胞状の構造が、自然界から着想を得ているということは、一目見れば明らかだろう。砂浜で見かけるタコノマクラ(ウニの仲間)にちょっと似ているが、よく見るとサンゴの構造にも似ている感じがする。タイヤの中心部分は高密度、外側は低密度にすることで、強度と快適性を備えるという。木くず、わら、製糖副産物、オレンジの皮に由来する材料で作られており、エアレス設計のおかげでパンクする心配もない。



ビジョナリー・コンセプト・タイヤで最も先見的な特徴は、トレッド面が3Dプリンターで補充できることだろう。ミシュランは、トレッドにゴムを補充すべきタイミングをタイヤ自身が教えてくれ、目的地や気候、運転スタイルに応じてトレッドをカスタマイズできるような未来を想像しているのだ。例えば下のビデオのように、まだ雪が残る山へ行く予定であれば、途中の「プリント&ゴー」ステーションに寄って、冬用タイヤのトレッドを補充する。ゴムは道程に必要な量だけ付加されるから、帰宅の際には再びゴムを補充して、ドライ路面用のトレッドに切り替えることも可能だ。



ミシュランのグローバル・イノベーション部門責任者であるテリー・ゲティス氏は「でも、そんなものは単なる夢だよ、と思われるかもしれません。確かにその通りです。夢です。持続可能なモビリティのあらゆる要素に対する当社のビジョンを集結させた、長期コンセプトです」と語っている。しかし同氏によれば、そのコンセプトを構成する各要素はすでにミシュランで進行中の研究テーマとなっており、これは"現実的な夢"であるという。






By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー