アウディの新型「A8」、正式発表より前に映画『スパイダーマン:ホームカミング』に登場!
アウディは映画『アイアンマン』でトニー・スタークの愛車を提供したが、最新作『スパイダーマン:ホームカミング』(日本では8月11日公開)にも新型車を登場させるようだ。製品タイアップは概して反感を買いやすいものとはいえ、少なくともカー・マニアにとって、今回の映画は新型「A8」をいち早く見られる機会となるだろう。新型A8は7月11日に発表が予定されているが、アウディによれば6月28日に先行公開される同映画の中で、最も早く目にすることができるという。新型A8には興味深い48V電装システムと、半自動運転技術が搭載されることが既に分かっている。この半自動運転技術は、劇中でその一部が見られるそうだ。


新型A8はともかくとしても、我々は他のアウディによるタイアップについて懸念している。今作でもトニー・スタークが新型「R8 スパイダー」をドライブすることは明らかだ。それは納得できる。しかし、ピーター・パーカーが「TTS ロードスター」に乗るというのは、少々無理がある設定ではないだろうか。ご存じない人のために伝えておくと、ピーター・パーカーは下層中産階級の高校生だ。突然、彼の元に大金が舞い込むような展開でもない限り、新型TTSは彼が乗り回せるようなクルマではないはずだ。TTSが起用された理由について、アウディは明らかにしていない。果たしてスパイダーマンがこれに乗ってどんな活躍を見せるのか、映画が公開されたら確かめてみよう。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー