アウディ、新型「A8」に48ボルト電装システムを使った「マイルド・ハイブリッド」を採用すると発表
アウディは、48Vの電装システムを使った様々な興味深い技術を発表して来た。中でも最も刺激的なのは、電動スーパーチャージャーによるパフォーマンスの向上だろう。最新のアイディアは、それに比べると少々平凡かもしれないが、なかなか興味をそそられるものだ。新型「A8」には、48V電装システムとベルト駆動のオルタネーター/スターターを組み合わせた「マイルド・ハイブリッド」が採用されるという。これによって動力性能が上がるわけではないが、エンジンの始動と停止を賢く、素早く、スムーズに行うことで、効率が向上する。

アウディによる同システムの利点を説明するために、まず、従来のいわゆるアイドリング停止機構について問題点を明確にしたい。従来のシステムでは、足がブレーキペダルから離れて、エンジンが始動するまでに少し時間がかかる。そのため、減速してエンジンが停止した後、再び交通が流れ始めた時にすぐに加速できないので、ドライバーは苛立ちを覚えるかもしれない。最悪の場合、クルマの動きを完全に制御できない瞬間が生まれ、危険につながる可能性もある。

アウディのベルト駆動オルタネーター/スターターでは、より迅速にエンジンを始動できる。さらにセンサーが先行車の動きを監視し、エンジンの再始動がすぐに必要かどうかを判断する。以上の様な特長を備えた上で、速度が20km/h以下に減速するとエンジンが停止するこのシステムは、結果的に安全性と燃費の双方が改善されるはずだ。より速く、よりスムーズにエンジンの停止/再始動が行え、従来のシステムよりエンジンを停止させておける時間が長い。さらに、55km/hから160km/hの間で走行中でも、エンジンが停止してから40秒間は惰性で進む「コースティング・モード」を備えるという。

アウディの同システムの設計にはもう1つ利点がある。ベルト駆動オルタネーターにスターター機能が含まれるため、48V電装システムを採用していれば、どんなパワートレインのクルマでも搭載は可能だ。エンジンとトランスミッションの間にモーターを設置するのではなく、単にエンジン前部に取り付ければいい。従って、近い将来、他のアウディ車に搭載されても不思議はないだろう。

同システムは、7月11日に初公開が予定されている新型A8の全車(ガソリン/ディーゼル問わず)に標準装備される。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー