【ビデオ】アキュラ、2台の「TLX」とGT3マシンから着想を得た「NSX」でパイクスピークに参戦!
Related Gallery:Acura Pikes Peak race cars

アキュラは今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに、3台のマシンを参戦させると発表した。

中でも今年、アキュラが力を入れているのは「TLX」だ。この4ドア・セダンの名前と形を持つ2台のマシンが出場する。だが、2台はそれぞれ全く異なる個性を持ち、別のクラスで競うことになる。

The 2018 Acura TLX A-Spec makes its racing debut at Pikes Peak in the Exhibition class.

まず1台目は「TLX A-スペック」。量産モデルをベースとするが、3.5リッターV6エンジンのピストン、コンロッド、カムシャフト、バルブトレインはアキュラのレーシングカー「TLX GT」から流用する。このエンジンには、さらにターボチャージャーが追加され、最高出力500hpを発揮。LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)を介し前輪を駆動する。パワートレインのアップグレードに加え、内装のトリムや快適装備は全て除去され、大型リアウィングとフロントスプリッターを装着。このA-スペックは、パイクスピークのエキシビション・クラスに出場する予定だ。

The Acura TLX GT race car returns to competition in the Pikes Peak Open class.

もう1台は「TLX GT」だ。前述のようにA-スペックもエンジンのパーツをこのマシンから流用しているが、こちらはツインターボチャージャーを搭載する。このTLX GTは、ピレリ・ワールド・チャレンジをはじめ、既にモータースポーツに参戦中だが、今回のパイクスピークに向け、アキュラはさらに改良を施した。コンピューターのソフトウェアは、標高4,302mの気圧に合わせてマッピングを変更し、サスペンションもヒルクライム用にセッティング。ギア比もヘアピン・カーブの多いコースに合わせて加速重視になっている。ボディにはフロント・フェンダーのルーバーが加えられ、カナードやリア・ウイングも調整することで、ダウンフォースを増大させている。TLX-GTはパイクスピークのオープン・クラスに出場する。

The production-based NSX with GT3-inspired modifications will compete in the Time Attack 1 class.

昨年に引き続き、スーパー・スポーツ「NSX」もパイクスピークに参戦する。昨年はタイムアタック・クラス2で優勝したが、より改造範囲が広いタイムアタック1クラス制覇を目指す今年は、レース用マシン「NSX GT3」から着想を得て、さらなる軽量化とエアロダイナミクスの強化が施された。ボディには巨大なリア・ウイングとフロント・スプリッターを装着。エンジンとスポーツ・ハイブリッド・システムを制御するコンピューターも、パイクスピークに合わせて最適化されているという。タイヤはハイグリップなRコンパウンドを装着し、市販モデルと同様、V6ツインターボ・エンジンと3基の電気モーターが4輪を駆動する。

第95回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、今年の6月25日に決勝レースが行われる予定だ。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー