テスラ、新型クロスオーバー「モデルY」のティーザー画像を公開! 2019年に発売予定
米国カリフォルニア州で6月6日に行われたテスラの株主総会において、イーロン・マスクCEOはこれまで一切がベールに包まれていた新型クロスオーバーSUV「モデルY」のティーザー画像を初めて公開した。この画像では大部分がよく見えないものの、モデルYはそれまでの「モデルS」、「モデルX」、「モデル3」と同じような、シンプルで有機的なラインを持つクルマであることが分かる。フロントに目立つグリル(あるいはグリルを模したデザイン)のエッジから、ボディに向けてシャープなラインが伸びているが、これはモデル3がグリルのない姿で登場した際の市場のさまざまな反応を反映したのかも知れない。

モデルYに関してはティーザー画像の他に、マスクCEOからその情報が少しだけ明らかにされた。まず、この新型SUVは、モデル3と共有する部分が多くないこと。モデルYがモデル3をベースにしていないことについては批判もあるとしながらも、マスクCEOはモデルSをベースにモデルXを開発したことは「誤り」だったと説明。「SUVはSUVに適した設計を、セダンにはセダンに適した設計を、それぞれ行う方がよかった」と語った。自動車業界がモジュラー・プラットフォームへ移行する中、これは興味深い意見である。例えば、ボルボには2種類のモジュラー・プラットフォームを開発し、うちその1つが現在使われている。またフォルクスワーゲンは、将来的に電気自動車へモジュラー・システムを導入できるよう取り組んでいる。

マスクCEOによれば、モデルYは2019年に発売が開始される予定で、テスラとしてはモデル3以上の需要を見込んでいるという。フリーモント工場が生産能力の限界に達しているため、モデルYは新しい工場で製造されるとも語った。マスクCEOが今回明らかにした内容はこれだけだが、今年9月末に予定されている同社のセミ・トラックの発表会で、さらに詳しい情報が発表される可能性を示唆した。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー