アップル、次期iOS 11に「運転中なので邪魔しないで」モードを搭載 画面が真っ黒に
運転中にスマートフォンを操作するのは、非常に危険だ。しかし、多くの人にとって、道路で運転に集中すべき時に届いた通知を、すべて無視することはなかなか難しい。そこでAppleは、次期iOS 11の新機能として、「Do Not Disturb While Driving(運転中につき邪魔をしないで)」というモードを搭載すると発表した。

これは、その名前から想像できるとおり、クルマを運転している間には、あらゆる厄介な通知を表示させないようにする機能だ。BluetoothかWiFiを経由してiPhoneが運転している速度だと感知すると、画面の表示が真っ黒になるという。

この機能を一度使用すると、その後も運転中と認識されると、スマートフォン上に「Do Not Disturb While Driving」の通知画面が表示される。ここで、「I'm Not Driving (運転中ではない)」を選択すると、通常モードに戻ることができる。



また、もし機能をオンにしたら、メッセージを送信してきた相手には、今は運転中であるという主旨の文言が自動で送信される。家族などあらかじめ特定の連絡先のみを選び、このモードが起動中であっても、緊急時には"Urgent"を付けて表示するオプションもある。

この新機能は、「CarPlay」に対応していないどんなクルマでも、iPhoneを車内でより安全に使用できることを目的としたものだ。

また今回、Appleはマップ機能においてもアップデートを行っており、高速道路の降り口や曲がる交差点を逃さないよう車線を矢印で表示して知らせてくれる車線ガイドを追加した。さらに、ショッピングモールや空港内部の詳細の地図も見ることができるようになり、自分の搭乗口や一番近いファストフード店などの検索が可能になる。

注:この記事は、米国版『Engadget』に掲載されたRoberto Baldwin記者の記事を転載したもの。


By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー