BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
メル・ギブソンが、荒野に帰ってきた! メル・ギブソンといえば、『マッドマックス』シリーズにて見せた、荒野の暴れん坊な姿が印象的だが、6月3日より公開される映画『ブラッド・ファーザー』では、またその姿を堪能することができそうだ。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
 第89回アカデミー賞作品賞、監督賞等3部門にノミネートされるなど、本年度の賞レースに堂々の名乗りをあげた渾身の監督作『ハクソー・リッジ』の高評価と共に、顔に刻まれた皺で語る、人生の酸いも甘いも知り尽くしたアクション俳優として完全復活したメル・ギブソンが『ブラッド・ファーザー』にて完全復活した。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
 『マッドマックス』シーリーズでは、バイクのアクションシーンがおなじみだが、本作でも、メル・ギブソンがハーレーを駆り、バイカー軍団とのアクションを見せてくれるという、アウトローっぷりを発揮している。メル・ギブソンが駆るハーレーは、「ヘリテイジ クラシック(1998)」。その名の通り、ハーレーダビッドソンの伝統を受け継ぐモデルであり、クラシカルでノスタルジックなスタイルが特徴となっている。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
現行モデルの2017年「ヘリテイジ ソフテイル クラシック」
 古き良き時代のノスタルジックな雰囲気を残しながらも、最新のツインカム103エンジン(排気量 1689cc)を搭載した、どこまでも続く道を走り続けるためのモデルだ。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
 劇中に登場する「ヘリテイジ クラシック」はさまざまなカスタムが施されており、主人公が、相棒として共に過ごしてきた時間までを想像させるような作りになっている。しっかし、メル・ギブソン×荒野×ハーレーの組み合わせが反則的にかっこいい...。作品内ではバイカー軍団との死闘、相手に噛みつかんばかりの狂気、メル・ギブソンの過去の名作を知っていれば、思わずニヤリとせずにはいられないシーンの数々が繰り広げられている。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
 時代に取り残された(ここ重要)バイカー軍団とのアクションも楽しみではあるが、アル中のリハビリをしながら、ひっそりと暮らす元犯罪者が、生き別れた娘を守るために、 己のアウトローとしてのスキルをフル活用して挑む闘いを描くというストーリーが、過去の栄光と対照的に、公私共に長きにわたりスランプに陥っていた、メル・ギブソン自身の姿を彷彿とさせ、そんな姿を追っていくのも楽しみな作品である。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
 映画は、仲間をかばうために真実を話さず、牢屋入りとなった男ジョン・リンク。釈放後は荒野 のトレーラーハウスでタトゥー屋を営みながらひっそりと暮らしていた。しかし、行方不明となっていた娘リディアからの一本の電話により状況は一変。マフィアの争いに巻き込まれ、命を狙われる娘を守るため、ジョンは闘いに身を投じることに...というストーリーだ。

BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson
 また、ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社では、この映画の日本公開を記念し、公開期間中に全国のハーレーダビッドソン正規ディーラーにて特別優待映画券を配布。また劇中にも登場する「ソフテイル」、「ダイナ」 ファミリーを特典付で購入できる、「SUMMER CRUISING CAMPAIGN(サマークルージングキャンペーン)」を併催するとのことだ。
 この機会に、映画と共に、ハーレーのある暮らしを想像してみてはいかがだろう。

■予告編


■『ブラッド・ファーザー』
<原題:BLOOD FATHER/2016/仏/英語/シネスコ/ドルビーデジタル/88分>
BLOOD FATHER 
 トレーラーハウスでアル中のリハビリをしながら細々と暮らす男、ジョン・リンク。 血生臭い世界から足を洗った元犯罪者の彼のもとに現れたのは、数年前から行方不明になっていた一人娘リディアだった。ギャングとトラブルを起こし、 警察にも、殺し屋にも追われる娘を守るため、父親は、これまで培ったアウトローのサバイバル術を駆使して迎え撃つことを決意する。
 アウトローの主人公を取り巻く、トレーラーハウスで暮らす住人たち、凶悪なギャング、 時代に取り残されたバイカー集団など、アメリカ社会の暗部を重層的に描くのは、 『ザ・タウン』の脚本を手掛けたピーター・クレイグと、『アサルト13 要塞警察』など、 西部劇を彷彿とさせるアメリカの様式美を一貫して追求するフランス人監督ジャン =フランソワ・リシェ。単なるアクション映画とは一線を画す、フィルムノワール的なスタイリッシュな世界を作り出しながらも、観る者の胸を打つ、娘への贖罪に燃える父と、 反目する娘の愛憎のドラマまで描ききっている。さらに『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナ、ウィリアム・H・メイシ―など、一度みたら忘れないクセのある共演陣が、ダークな世界の説得力をさらに高めている。

6月3日(土)新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー!
■監督:ジャン=フランソワ・リシェ
■脚本:ピーター・クレイグ
■出演:メル・ギブソン、エリン・モリアーティ、ディエゴ・ルナ、ウィリアム・H・メイシー
■提供:ハピネット/ポニーキャニオン
■配給:ポニー キャニオン
■原題:BLOOD FATHER/2016/仏/英語/シネスコ/ドルビーデジタル/88分
© Blood Father LLC, 2015
■公式サイト http://b-father.jp/
■公式Facebook https://www.facebook.com/bloodfather.jp/
■公式Twitter https://twitter.com/bloodfather_jp

■Harley-Davidson Japan 公式サイト http://www.harley-davidson.com


Related Gallery:BLOOD FATHER & ‎Harley Davidson