次期型メルセデス・ベンツ「Aクラス」の画像を、ダイムラーのツェッチェ会長がSNSで公開!
上海モーターショー2017で我々は、メルセデス・ベンツが近々発売する新しい小型車を、コンセプトカーという形で見ることができた。そして、次に貴重な情報を提供してくれたのは、ダイムラーの取締役会会長であるDr.Zことディーター・ツェッチェ氏だ。同氏は15日、ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービスのLinkedIn(リンクトイン)に投稿した車両テストの重要性について記した記事の中で、次期型「Aクラス」のプロトタイプの画像を自ら公開している。

投稿された数枚のうちベストショットは、ツェッチェ氏がAクラスの前で写っている1枚目の画像だろう。クルマ全体が黒白のカモフラージュに覆われているものの、ノーズに関してはヘッドライトがより鋭い目つきになり、「AMG GT」や開発中の「AMG GT」セダンとも少し似ていることが分かる。また、ボディのサイドは、彫りの深い深い現行型Aクラスに比べると、はるかにシンプルですっきりとしているようだ。



2枚目の画像には、数台のセダンと並んでAクラス ハッチバックの後部が写っている。ハッチの前方に写っているのは「CLAクラス」だと思われる。コンセプトAセダンと比べると、テールライトは細長く、リアの両端はより丸みを帯びている。コンセプトAセダンが名前の通りノッチバック型セダンであったのに対し、こちらはルーフラインが後方まで伸びたファストバック・スタイルだ。

新型Aクラスは、2018年モデルとしておそらく年内に発表されるはずだ。ツェッチェ氏は記事の中で、「我々のコンパクトカー・ファミリーを8モデルにまで拡大する」と書いている。次期型Aクラスを含むこれらの新型コンパクトカーには「未来の自動運転に向けたより先進的なアシスタンス・システムが採用される」そうだ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー