「もしゾンビが襲ってきたらどうしよう」って、みなさんは考えたことがあるだろうか。

例えばバイオハザードをイメージするならばそれなりの武器としてベレッタやピストルをもっていれば...なんて思うかもしれない。でもここ日本だし...そんなのないし...。ってなると、包丁?ハンマー?家にあるもので使えそうなもの...。と、想像をめぐらせると思う。さて、Autoblogが過去の記事で送りだしたもので、実はゾンビ対策用グッズのCMを紹介したことがあった。改めてゾンビ対策用にこちらを確認してみてほしい。

米全土に展開しているカー用品チェーンの「Pep Boys」が、ホラー仕立てのユニークなCMを制作したのでご紹介しよう。

あるカップルがゾンビに追われ、急いで車に乗り込みエンジンをかけようとするが、間の悪いことにバッテリーが上がってしまっていて、エンジンがかからない。そこで男性がゾンビと闘っている間に、女性が用意したのはPep Boysで販売中のバッテリーチャージャー、パワーステーションだった。この商品のおかげで無事エンジンはかかったのだが...。

このCM、出演者の演技はさておき、恐ろしすぎるシチュエーションでインパクトは絶大だ。続きはビデオでチェックしよう。



By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


※こちらは過去の記事に加筆し、改めて掲載したものです。