車両価格の2倍以上にも! 「オプションを満載すると途轍もなく高額になるクルマ」8台をご紹介
新車を購入しようと思って近所のディーラーで見積もり書を作成してもらったとき、総額の高さに驚かれたことはないだろうか? もちろん最新型のクルマが高価であることは確かだが、さらにナビゲーション・システムやレザーシート、サンルーフ、派手なホイールといった魅力的なオプションを追加していくと、値段はカタログに書かれた「車両本体価格」から、どんどん跳ね上がっていく。

自動車ローンの情報サイト『Wikilender』によると、現在販売されている新車の中には、オプションを追加することによって、なんと車両価格の2倍以上になることさえあるという。そんな「オプションを満載すると途轍もなく高額になるクルマ」の上位をご紹介しよう。法外な値段のオプション・パッケージを用意していても驚かないメーカーもあるが、中には意外なブランドも含まれていて興味深い発見があるかもしれない。なお、金額は米国市場における販売価格を元に算出したものであり、日本や欧州では異なることをはじめにご了承いただきたい。


ポルシェ「カイエン」
ベース価格:6万600ドル(675万円)
追加オプション価格:9万2,410ドル(1,030万円)(ベース価格の152%)
オプションを含む総額:15万3,010ドル(1,705万円)

ポルシェの営業利益率は業界トップだ。親会社のフォルクスワーゲンが公開した最近の収益報告書によると、ポルシェは平均1台当たり約200万円もの利益を出している。これは、BMWやメルセデスベンツといった競合他社の3倍以上になる利幅だ。

ポルシェが利益を上げている理由の1つは、豊富なオプションを設定していることにある。『Wikilender』によると、カイエンの場合、6万600ドルの車両本体価格がオプションで跳ね上がり、全てを付けると15万3,010ドルという信じられない値段になるという。オプションだけで1,000万円以上とは目が回る。高額オプションの中には、内外装のカスタム・カラーをはじめ、「プレミアム・プラス・パッケージ(9,100ドル)」や「セラミック・ブレーキ(8,800ドル)」などが含まれる。


ポルシェ「718ボクスター」
ベース価格:5万7,400ドル(約640万円)
追加オプション価格:7万290ドル(約780万円)(ベース価格の122%)
オプションを含む総額:12万7,690ドル(約1,420万円)

ポルシェ 718ボクスターはカイエンほどクレイジーではないものの、それでも全てのオプションを付けると随分と驚きの値段になる。『Wikilender』によると、5万7,400ドルのボクスターに、7万290ドルのオプションを追加することができるそうだ。カスタム・ペイントやステッチ、色付きポルシェ・エンブレムなど、オプション・リストは2ページに渡るが、機能的には莫大な資金を投入して追加できるカイエンのオプションとほぼ同等だ。


ベントレー「ベンテイガ」
ベース価格:22万9,100ドル(約2,550万円)
追加オプション価格:26万5,955ドル(約2,960万円)(ベース価格の115%)
オプションを含む総額:49万5,055ドル(約5,510万円)

ベントレー ベンテイガは23万ドル弱という車両価格が既に恐ろしく高額だが、しかし、オプションに出し惜しみしなければ、車両の2倍を超える金額になることもあるのだ。用意されたオプションの中でも、ブライトリング製「マリナー・トゥールビヨン・クロック」は、それだけでなんと16万ドル(約1,780万円)もする。


MINI「MINIクーパー」
ベース価格:2万950ドル(約233万円)
追加オプション価格:2万985ドル(約233.5万円)(ベース価格の100%)
オプションを含む総額:4万1,935ドル(約466.5万円)

高額オプションが用意されているクルマは高級車ばかりではない。市街地向きの小型車であるMINIクーパーの場合、車両価格は2万950ドルだが、快適装備やアクセサリー小物、ストライプなどを装着し、うっかりするとその倍額を支払うはめになりかねない。



ポルシェ「911」
ベース価格:9万1,100ドル(約1,014万円)
追加オプション価格:8万7,670ドル(約976万円)(ベース価格の96%)
オプションを含む総額:17万8,770ドル(約1,990万円)

これには皆さんも驚かないだろう。またポルシェがこのリストに登場した。車両価格の2倍には届かないものの、オプションを全て付ければクルマ2台分に近い金額にまで跳ね上がる。セラミック・ブレーキはもちろん高額な装備の筆頭だが、サンプルを用意してそれと同じ色で塗装してもらう特別カラー(6,900ドル)や、ブルメスター製高級オーディオ(5,300ドル)なども選べる。



フォード「F-150 XL」
ベース価格:2万7,110ドル(約302万円)
追加オプション価格:2万4,975ドル(約278万円)(ベース価格の92%)
オプションを含む総額:5万2,085ドル(約580万円)

新型のフルサイズ・ピックアップトラックを探している人でなければ、まだフォード F-150 XLのオプション・カタログは見たことがないかもしれない。車両価格2万7,110ドルのこのクルマにも、サイドシルや荷台カバー、エンターテインメント・システムなど、全部で2万5,000ドル近いオプションを追加することができるのだ。



フェラーリ「488GTB」
ベース価格:24万5,400ドル(約2,732万円)
追加オプション価格:21万9,656ドル(約2,445万円)(ベース価格の89%)
オプションを含む総額:46万5,056ドル(約5,177万円)

そう、この車名にも驚きはないだろう。ポルシェ同様、フェラーリのディーラーで買い物をする人たちの中には、自分のクルマを他のクルマよりも目立たせるために惜しみなく資金を投じる人が多いからだ。記事によると、カーボンファイバー製トリムやカスタム・スポーツ・シート、助手席側に装備されるディスプレイなど、様々なオプションを追加することで、24万5,400ドルの488GTBは46万5,065ドルまで上がるそうだ。



メルセデス・ベンツ「C300」
ベース価格:3万9,500ドル(約440万円)
追加オプション価格:3万5,265ドル(約393万円)(ベース価格の89%)
オプションを含む総額:7万4,765ドル(約833万円)

メルセデス・ベンツ C300の4万ドル弱という価格を、7万5,000ドル近くまで引き上げるのは、そう簡単ではないようだ。ホイールやタイヤ、スポーツ・パッケージ、「デジーノ」インテリア、さらに荷室用マットやハンガー、ストレージ等まで、全部付けるとこの金額になる。


とはいえ、車両価格の倍にもなるほどオプションを装着する意味なんて、どんなクルマにもないとは思うのだが、いかがだろうか?


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー