最高出力1750hpで200万ドルというスーパーカーが出現
Related Gallery:Laraki Motors Epitome Concept Monterey 2013

Laraki Motorsの「Epitome」と呼ばれるコンセプトカーに遭遇したのは、カリフォルニア州で開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスでのこと。数々のクラシックカーやスーパーカーが並ぶ中、このクルマについて我々はまったくのノーマークだった。

デザイナーのAbdesslam Laraki氏率いるLaraki Motorsは、モロッコを拠点としたハイパフォーマンス・スポーツカーのメーカー。元々は高級ヨットを製造しており、1999年に自動車部門に進出するも、2008年にその開発は一時中断していた。今回発表されたコンセプトカー「Epitome」は、C6型シボレー「コルベット」がベースとなっている。カーボンファイバー製のボディを持ち、車両重量はたったの1,270kgだそうだ。7.0リッターV8エンジンは内部パーツを交換した上で2基のターボチャージャーが装着され、Laraki Motorsのスポークスマンによると、オクタン価110の燃料を使用すれば1750hp近い最高出力を発揮できるという。

現在9台の試作車を製造予定だそうだが、市販化の計画もあり、価格は200万ドル(約2億2,600万円)。これだけのスーパーカーが実際に製造されるかどうかは疑問だが、発売が待ち遠しい限りだ。

By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Laraki Motors Epitome Concept Monterey 2013


※こちらは過去の記事を加筆修正し改めて掲載したものです