【ビデオ】危機一髪! ガードレールのお陰で崖から転落を免れたラリーカー
山道を運転している時に、道の端から下をのぞき見て、「こんなガードレールだけで、もしもの場合に助かるのだろうか...?」と思ったことがある人は、この動画を見たらそのありがたみに気付くことだろう。

5月4日から6日にカナリヤ諸島で開催されたラリー・イスラス・カナリアスで、ラリードライバーのTomash Kasperczyk選手が運転するクルマは、カーブでコントロールを失ったが、ガードレールのお陰で崖下への転落を免れた。

しかし、それにしても危機一髪である。ドライバーもコドライバーも2人とも無傷だったが、ガードレールはひどく破損し、車体の半分は宙に浮いた状態になっている。

とはいえ、まさかこの映像を見て「山道も安心して飛ばせる」なんて思った方はいらっしゃらないとは思うが...。




By Greg Rasa
翻訳:日本映像翻訳アカデミー