【監視カメラ映像】ドジな泥棒がクルマを盗もうとしたら、まるでコントのような状況に...
米国オクラホマ州オクラホマシティで、2人組のクルマ泥棒を警察が探している。州都で最も手際の悪い泥棒に違いないこの2人。ディーラーの駐車場から1台のピックアップトラックを盗もうとしたが、2人が乗り込む前にトラックが動き出してしまうというコントのような出来事を、監視カメラが捉えていた。

この映像は、警察と市民とが連携して防犯活動を行う団体「クライム・ストッパーズ」が公開し、地元メディア『KOKH』で放送されたもの。2人の男が今年3月、フォード販売店「Reynolds Ford of OKC」に侵入し、陳列されたピックアップトラックを物色している所を捉えている。白の「F-150 スーパークルー」に狙いを定めた2人組の泥棒は、ドアを開けようと試みるも失敗。そこで何とか、ギアをニュートラルに入れることが出来たのだが、ここから笑える場面が始まる。

この2人組は、クルマが動き出してしまうと、こうした状況で誰もがやるであろうリアクションをとった。泥棒の1人が運転席側のドアハンドルを握ったまま、必死にクルマを止めようと全力で引っ張るのだが、まるでマンガのように舗装された駐車場の路上をクルマと一緒にただ引きずられて行くだけ。そこでもう1人が、持って来たペレット銃(空気銃)をフロントガラスに向け、運転席へ撃ち込もうとしたけれど、銃は不発...。最終的にクルマは自然に停止し、そこでようやくこの泥棒たちはその場から逃げ去ることができたのだった。

オクラホマシティ警察署は、この件をFacebookで伝えている。盗まれたピックアップ・トラックは戻ったが、犯人はまだ逃亡中だという。Facebookでは、このおかしな監視カメラの映像も一緒に公開されているが、犯人の情報が寄せられることを期待してのことだろう。警察はどうか、この不器用な泥棒たちがケガをする前に早く見つけてやって欲しい。

This is a MUST watch! As police officers, we see all sides of life. We have a front row seat to the terribly sad and...

Posted by Oklahoma City Police Department on Wednesday, May 10, 2017


By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー