【仰天ビデオ】6人乗りバンの中から続々と出て来る建設作業員、その数なんと40人!
乗車定員以上にクルマに人を詰め込んだことが、皆さんにもあるのではないだろうか? 学生時代に無茶をしてやったことのある方もいることだろう。筆者の個人的な記録は79年製キャデラック「ドゥビル」セダンに悪友を詰め込んだ時の10人である。しかし、これは先日ある中国の建設作業員達が打ち立てた記録の足元にも及ばない。彼らはなんと6人乗りのバンに40人(運転手も含める)も乗って走行していたのだ。

アジアの仰天ニュースを紹介するサイト『Weird Asian News』によると、中国南部の重慶で、道路を不審な動きをしながら走行する小型の白いバンを交通巡査が発見。このバンは車列の間を行ったり来たりしながら事故寸前の危機を何度か繰り返したあげく、警察の停止命令を受けて停車した。驚くのはこれからで、バンの車内には隅々まで人間が押し込まれていたのだ。あまりの人数に、警官が車外から窓越しに見えたのは、人間の肩や腕とオレンジ色の作業ベストの背中だけという有り様だったという。

巡査が力ずくでドアを開けると、堰を切ったように出て来る出て来る、その数なんと男性39人、女性1人の合計40人。全員が街の反対側の現場で働く建設作業員だった。作業員たちが"流れ出した"あと、中を覗いた巡査の目に入ったのは、後部座席の一切ない車内だった。おそらくできるだけ作業員を詰め込めるように取り外されたのだろう。しかしこれでは、団子状態になった人間が絶えず車内で前後左右に揺れ動くことになり、ドライバーはクルマの制御が難しくなるわけだ。

こういうことは建設現場はごく当たり前のこと、とは当事者の運転手の弁だが、そんな言い訳が警察に通用するはずもない。バンは押収され、ドライバーには定員外乗車の違反切符が渡されたそうである。




By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー