僕がようやく自動車免許証を取れるような年齢になった頃、まず憧れたのがS30型フェアレディZだったと思う。


 僕の周りには数々の魅力的な車が溢れていたけれど、フェアレディZは異彩を放っていた。セリカLB2000GT、サバンナRX-3GT、スカイラインGT-R・・・。数え上げればキリがないほど、当時の日本には個性豊かなモデルがラインナップしていたのだ。特に走り自慢のスポーツカーが強烈な存在感を放っており、クルマ好きに目覚めた青年だった僕のハートを刺激した。その中でもフェアレディZは、一際輝かしいオーラを発散していたのである。

 その理由の一つは、240ZGがフロントに備えるロングノーズと、その逸話だったと自覚していた。

 S30型フェアレディZには、2リッターモデルを基準に、さらに排気量を2.4リッターまで増した240Zが存在していた。そのどちらも、はっきりと格子のフロントグリルが見えた。その中に特殊なマシンがあった。それは240ZGと命名され、ボンネットから途切れることなく前端まで伸びるロングノーズ仕様を特徴としていたのだ。60mmワイドになるFRP製のオーバーフェンダーも装備されていた。

 ロングノーズはL24型直列6気筒2.4リッターエンジンを搭載する240ZGだけの特権だった。標準モデルはL20型2リッターの直列6気筒を搭載。明らかな格上感を醸し出していたのである。


 240ZG投入前にはすでにスカイラインGT-Rと同じS20がたユニットを積むフェアレディZ432が存在しており、それに対して10psダウンに留まったが、排気量が豊かなことから逆トルクでは上回っていた。
 最高出力は150ps/5600rpmであり、最大トルクは21.0kg-m/4800rpmである。


 ロングノーズは、空力的に有利なことから、確か最高速度を10km/hほどを延ばす効果があると謳われていたように記憶している。デザイン的な魅力だけでなく、実際に数値的な効果があることにさえも僕は引き寄せられたのだ。


 そもそも、240ZGはアメリカマーケットを中心に販売されていたように思う。それが、アメリカへの憧れを持つ青年には誇らしかった。日本のスポーツカーが、コルベットやカマロがウヨウヨしているマッチョな国で人気だという。世界で戦える唯一のスポーツカーが、僕の中ではフェアレディ240ZGだったのである。


<ニスモフェスティバル フェアレディ240ZG / 1971 富士GC第4戦 富士インター200マイル>
 それ以来僕は、トリコロールカラーに塗られたレース仕様の240ZGに惚れ込んでいく。ニスモフェスティバルで華やかな勇姿を披露したレース仕様は、現役当時バリバリの状態で、かつて疾走したであろう富士スピードウエイのストレートを駆け抜けたのである。ステアリングを握ったのは「Zの柳田」の異名をとる柳田春人さんだった。


<1970全日本富士1000kmレース GTS2: #31 ダットサンスポーツ240Z/ 高橋国光・黒沢元治>
 S30型フェアレディ240ZGのレースデビューは、日産ワークスが送り込んだ「富士1000km」だったという。デビューウイン、多くのファンを魅了した。


 ニスモフェスティバルで披露されたフェアレディ240ZGは、1973年式だった。2.8リッターまでスープアッフーされた直列6気筒エンジンを搭載していた。動弁機構はSOHCだった。オーバーヘッドカムシャフトをダブルで備えるDOHCは当時ではまだ珍しく、スカイラインGT-Rといった特殊なマシンにのみ搭載される代物。フェアレディ280ZGはSOHCながら排気量アップを手法に強烈なパワーを得ていたのだ。


 推定する最高出力は300ps/7600rpm、最大トルクは32.0kg-m/6400rpmと公表されている。燃料供給装置はソレックス3連装である。


 タイヤはフロントが225-15、リア275—15である。排気量に頼ってパワーを絞り出し、ZGノーズで最高速度を稼ぐ、コーナーリングは太いタイヤに期待するという手法なのだ。


 デモストレーションランゆえに、コンマ一秒を争うような全開走行ではなかったけれど、バリバリと空気を震わすエキゾーストノートには痺れた。


 スタートのその瞬間ですら、神経質なクラッチに対しても寛容で、豊かなトルクを想像させた。ストレートを駆け抜ける姿は、たとえば箱型のスカイラインGT-Rが空気の壁を押し返しながら突き進むのに対して、フェアレディ280ZGは切り裂くような印象である。そう思えるのはもちろん、鼻先のZGノーズが鋭利に見えるからであり、過去のレースでの逸話を耳にしているからであろう。


 フェアレディ280ZGは永遠に僕らの記憶に刻まれ続ける。
Related Gallery:NISSAN FAIRLADY Z

■日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/