マツダ、日本市場向けに3列シートを備える新型クロスオーバーSUV「CX-8」を導入すると発表!
マツダは、国内向け車種としては初めて3列シートを採用する新型クロスオーバーSUV「CX-8」を2017年内に発売すると発表。そのインテリアの画像を公開した。

マツダによれば、CX-8は同社の新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザイン・テーマ「魂動 - Soul of Motion」を全面的に採用したマツダのいわゆる"新世代商品群"の最新モデルとなり、また同社の国内市場向けSUVラインアップで最上位モデルとなる。

全長4,900mm×全幅1,840mm×全高1,730mmというサイズは、現行型「CX-5」より355mm長く、40mm高いが、幅は同じ。北米等の市場に導入されているマツダの3列シートを備えたSUV「CX-9」に比べれば、車幅が129mmも狭い。この辺りは日本の道路事情を考慮したゆえだろう。ただしホイールベースは2,930mmと、CX-9と共通だ(CX-5は2,700mm)。日本でもかつて販売されていた「CX-7」より前後に大きいわけで、噂されていたような「6」ではなく「8」を名乗るのは当然と言える。

パワートレインは2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」と6速オートマチック・トランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」の組み合わせ。ガソリン・エンジンについては(少なくとも現時点では)発表されていない。

今回、実車に先駈けて公開された画像のインテリアは6人乗りだが、7人乗りも用意されるという。ウィンドウ・グラフィックを見ると、比較的Dピラーが寝ていることが分かり、後部に向けて傾斜したルーフラインを想像させる。

気になる価格だが、300万円台前半からという設定になる見込みだ。当然ながら、同じエンジンを積むCX-5より数十万円高くなる。

マツダの小飼雅道代表取締役社長兼CEOは次のように述べている。

「CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります」

実車の発表は秋の東京モーターショーあたりだろうか。それまで、少しずつ画像や情報が明らかにされていくらしい。次の続報を待とう。

マツダ 公式サイト
http://mazda.co.jp/