ホンダは、ドイツのニュルブルクリンク北コースで、新型「CIVIC TYPE R」の最終的な性能評価のための走行テストを行い、FFモデルで最速となる、7分43秒80のラップタイムを記録した。


 今回の走行テストは、量産前の最終開発車両で行われ、先代のシビック TYPE Rが記録したタイムを7秒近く更新し、モデルチェンジによりシビック TYPE Rの運動性能がさらに向上したことを示している。


 新型シビック TYPE Rは、先代モデルに対して「2.0L VTEC TURBO エンジン」の進化(最高出力320馬力、最大トルク400N・m)や6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化によって加速性能を向上。加えて、新プラットフォームの採用によるねじり剛性の大幅向上(プラス38%)やボディーの軽量化(マイナス16kg)、マルチリンク式リアサスペンションの採用によるステアリングの応答性やコーナリング性能がさらに向上を遂げ、運動性能が大幅に上がった。


 新型シビック TYPE Rは、サーキットでの走行性能だけではなく、一般公道でのグランドツアラー性能も大幅に進化し、新たに設定したコンフォートモードを含む、3つのドライビングモードによって、市街地からサーキットまで、幅広い走行シーンにマッチしたダイナミック性能を提供する。

 生産は、ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド<Honda of the U.K. Manufacturing Ltd.>で行われ、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される予定。

Related Gallery:Honda CIVIC TYPE R NUR


■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/