【限定モデル】ロータス、さらなる軽量化とエアロダイナミクスを追求した「エキシージ カップ380」を発表
Related Gallery:2017 Lotus Exige Cup 380

ロータス軽量化の追求は留まる事を知らないが、そんな同社が、再び「エキシージ」に目を向けた。他の特別なロータス車と同様、「エキシージ カップ380」と呼ばれるこの1台もスーパーチャージド3.5リッターV型6気筒エンジンから同じ最高出力380psを発揮する。しかし、このエキシージ カップ380は乾燥重量1,057kgと、「エキシージ スポーツ380」と比べ、53kgも大幅に軽量化されているのだ。

この軽量化は、とりわけワンピース構造のリヤハッチ、サイド・インテーク、フード、フロントスプリッター、サイドシル、そしてシートなど、たくさんのカーボンファイバー製パーツを採用することで実現している。ロータスはさらに、ハッチのガスストラットを取り除くことで1kg軽量化した。それでも満足できなければ、オプションのカーボンファイバー製エアコン・パネルとエアベント・サラウンドを選べばさらに1kg、そしてオプションのチタン製エグゾースト・システムでは10kgの軽量化が可能だ。



このエキシージ カップ380はさらに、ダウンフォースが最大200kgと、スポーツ380よりも43%増えた。代わりに最高速度は178mph(287km/h)から175mph(約282km/h)にドロップしているが、0-60mph(約96.6km/h)加速は3.5秒から3.4秒に短縮。ダウンフォースの向上は、改良されたフロントバンパー及びスプリッター、フロントホイール上のベント、リヤホイール後部のベントの追加、そして新たなリヤウイングによって達成された。ウインドシールドのワイパーも、エアロダイナミクスをサポートするために垂直位置に装備されている。



カップ380は向上したエアロダイナミクスと軽量化から利益を得ただけではない。リア・タイヤはスポーツ380の265/35 ZR18から、285/30 ZR18へとワイドになった。カップ380はさらに、2段階調整式ショックアブソーバーと、前後にアジャスタブル・アンチロールバーを採用。スタビリティコントロールも、ドライバーの必要に応じて調整可能だ。4輪に4ピストン・ブレーキキャリパーを装備し、標準装備のスチールロールバーが万が一の際にもドライバーを保護してくれる。オーナーが希望すれば、FIA認定のフルロールケージも装備することができる。

ロータスはこのエキシージ カップ380を60台のみ限定生産する予定で、価格も決して安くはなく、英国では8万3,000ポンド(約1,160万円)、欧州では10万9,900ユーロ(約1,285万円)となっている。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー