Autoblog

テスラは電動ピックアップトラックを2年以内に発表すると、CEO Elon Muskが今日Twitterで言った。このトラックの存在が初めて予告されたのは、MuskがTeslaの「マスタープラン」のパート2を発表したときのことで、RoadsterやModel Sといった高級車の販売に始まり、最終的には手頃価格の車種を幅広く量産していく計画だ。

以前Muskはこのトラックを「新しいタイプのピックアップ」と説明したが、彼はその前からこのコンセプトをほのめかしていた。Teslaがピックアップトラックを作りたがるのは、米国でこのカテゴリーが成功していることを踏まえれば理にかなっており、来るべき低価格コンパクトSUV、別名Model Yと合わせて計画されている可能性が高い。

Muskは9月に発表予定の電動貨物トラックや、Teslaの最初の製品で富裕層向けの高級車Roadsterに、次期モデルでコンバーチブル版が加わることもあわせて予告した。

予約したModel 3を早く手にしたいと願っている顧客にも良いニュースがある。Model 3の最終生産モデルは7月に披露されるとMuskは言った。これはTesla本社付近で複数のプロトタイプが発見されたという報告とも一致する。出荷予定時期については、第一陣が顧客にわたるのが今年末になりそうだ。

Muskは、Model S、Model Xの高級車と並んでModel 3を提供することで、将来コンパクトSUVやピックアップを作って消費者市場の大部分をカバーすることが可能になると語った。低価格市場では、シャトルバスや相乗りといったグループ輸送の選択肢を提供することが、低価格乗用車に対抗する有利な方法だと彼は信じている。

トップ写真はTesla Motors ClubユーザーのMcHoffaによるModel Pのコンセプト画像

※こちらはTech Crunchの記事を転載したものです。