LEXUSは、中国・上海で4月19日から開催される第17回上海モーターショーに、マイナーチェンジした新型コンパクトクロスオーバーSUV「NX」を出展する。


今回発表の新型NXは、エクステリアデザインをさらに進化させ、洗練された力強さを表現。インテリアは一層の質感向上を図り、先進装備を充実させ、快適性・利便性を高めた。
予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」(標準設定)を新たに採用し、安全運転支援の強化を図った。


従来型のコンセプトだった「Urban Sport Gear」らしさを追求し、UVのスポーティさと力強さが融合したデザインを一層際立たせた。

LEXUS NX
エクステリアは、フロントバンパーをより鋭く低重心な造形とした他、スピンドルグリルをLX、RXとの共通性をもつレイヤー状のデザインとし、LEXUS SUVとしての個性を表現した。三眼式のLEDヘッドランプは超小型LEDランプユニットの採用により、シャープかつスポーティな表情とした。

LEXUS NX
リヤは、L字を強調した新デザインのリヤコンビネーションランプを採用、軽快さやタイヤの踏ん張りをきわだたせ強調したデザインとした。流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンシグナルランプを採用し、先進性も表現。


インテリアは、より先進的かつ質感の高いデザインを実現した。具体的には、ヘッドアップディスプレイ(HUD)と一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターなど、内装部品を刷新することで、高い操作性を実現。10.3インチワイドディスプレイや、新型リモートタッチを採用し、ナビゲーションやオーディオの操作性を高めた。両手がふさがっている状態でもバックドアの開閉が可能なキックオープン機能付きパワーバックドアなど新たな装備を採用し、利便性も向上させた。


新型NXの日本での発売は、2017年秋頃を予定。

Related Gallery:LEXUS NX

■レクサス 公式サイト
https://lexus.jp/