Honda CBR250RR
 Hondaから、新設計の水冷4ストロークDOHC直列2気筒250ccエンジンを搭載した、軽二輪スーパースポーツ「CBR250RR」が5月12日(金)に発売される。

Honda CBR250RR Honda CBR250RR
 「CBR250RR」は250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、CBR"RR"シリーズの思想「トータルコントロール〜操る楽しみの最大化」を共通の背景とし、「直感、体感、新世代"RR"」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計として、満を持してHondaが登場させたモデルだ。

Honda CBR250RR
 エンジンは、「気持ちよく速さを体感できる出力特性とエキゾーストサウンド」を目標に、中回転域での力強さと、スーパースポーツならではの高回転までシャープに吹けあがる特性を両立した、完全新設計の水冷4ストロークDOHC直列2気筒250ccを搭載。ショートストローク化による高回転時の耐久性と静粛性両立のため、クランクシャフト、コンロッド、バランサーシャフトの各軸受にメタルベアリングを採用するとともに、カムチェーン張力を安定させるダブルピボットテンショナーを採用している。車体前方から効率よく燃焼室に吸入空気を導入するダウンドラフト式吸気レイアウト、大径の吸・排気バルブとスロットルボアの採用などで高出力化を図るとともに、低中回転域に配慮したバルブタイミングを設定することで、低中回転域の力強さと高回転域の高出力を両立している。

Honda CBR250RR
 また、スロットルグリップの開度を機械式ではなく電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて採用。また、3種類のライディングモードの設定により、ライダーの好みに合った出力特性が選択可能だ。

Honda CBR250RR
 スタイリングは、低く構えたフロント周りから後方に向けて高く跳ね上がる先鋭的なデザインとなり、足つき性の良さと取り回しやすさにも配慮し、フューエルタンク後端部からシートへ繋がる部位の幅が大きく絞りこまれている。車体は、剛性としなやかさを両立した鋼管トラス構造フレームを新設計。フロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを採用するなど、卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現したとしている。デュアルヘッドライトをはじめとする全灯火器類には高輝度のLEDを採用。また、ギアポジション、ラップタイマー、ライディングモード表示、REVインジケーターなどを備え、豊富な情報をライダーに瞬時に伝えるフルデジタルメーターが採用されている。

Honda CBR250RR
Honda CBR250RR Honda CBR250RR
 カラーバリエーションは、落ち着きのあるブラックをベースに、ダクト部分などに高彩度のレッドを施すことで高い動力性能を表現した「マットガンパウダーブラックメタリック」と、洗練されたイメージのシルバーをベースに、カウルのエッジ部や入り組んだ部分に高彩度のイエローを施すことで独自の存在感を表現した「ソードシルバーメタリック」のほか、HondaのレーシングDNAをイメージさせる「ヴィクトリーレッド」の3タイプが設定されている。

■CBR250RR<ABS>
○カラー:マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド
○メーカー希望小売価格 (消費税8%込み):
CBR250RR
 756,000円 (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
 777,600円(ヴィクトリーレッド)
CBR250RR<ABS>  
 806,760円(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
 828,360円(ヴィクトリーレッド)
○販売計画台数 (国内・年間):3,500台
■問い合わせ:「お客様相談センター 」0120-086819(オーハローバイク)

Related Gallery:Honda CBR250RR

■Honda公式サイト
http://www.honda.co.jp/