【ビデオ】航空機用ジェットエンジンを積んだモンスタートラック
世界一クールなバイブリッド・ピックアップトラックと呼べそうなシロモノが登場した。「でも、1分間に最大で20リッター近くのジェット燃料を使うので、エコ・カーとは言えない」。そう語るのは、このピックアップトラックを所有する米国ミシガン州ジャクソン在住のクリス・レンツ氏だ。

エコを意識するなら、ジェイ・レノ(米国の人気司会者)のエコジェットのように、燃料にはバイオディーゼルを利用したほうが良いが、それはともかく、この車は飛行機に搭載すれば約830km/hの速度を可能にする、2,700馬力のエンジンを積んでいる。

この2005年式フォード「F-150 STX」は、既存のFoMoCo製4.6リッターV8と4速オートマチック・トランスミッションで走るが、その荷台に据え付けられたもう1つのエンジンこそが、このトラックを「世界一」と呼ぶにふさわしいシロモノにしている。それは1950年代に当時のチェコスロバキアで製造された航空機用のターボ付きジェットエンジン「Motorlet M-701」だ。この重さ約330kgのジェットエンジンは回転数が15500rpmで、約891kgの推力を叩き出すと言われている。

これら2つのエンジンパワーによって、"F-150ジェットトラック"はクォーター・マイル(約402m)で103mphの速度(約166km/h)に達し、最高速度は140mph(約225km)に達するという。荷台のエンジンの取り付け方を少し変えれば、スピードはもっと上がりそうだ。しかし、実はこのトラックの凄さはスピードだけではない。実際に走っている様子を、ぜひこちらのビデオでチェックしてほしい。


※こちらは過去の記事を再掲載したものです